○日野市国民健康保険高額療養費貸付基金条例

昭和53年12月27日

条例第39号

(設置)

第1条 国民健康保険法(昭和33年法律第192号)第57条の2に規定する高額療養費の負担に充てるべき資金を貸し付けるため、日野市国民健康保険高額療養費貸付基金(以下「基金」という。)を設置する。

(昭和55条例38・一部改正)

(基金の額)

第2条 基金の額は、1,000万円とする。

2 基金から生ずる収益は、日野市一般会計に計上して整理するものとする。

(昭和59条例15・昭和62条例33・一部改正)

(委任)

第3条 この条例に定めるもののほか、基金の管理運用に必要な事項は、市長が別にこれを定める。

付 則

この条例は、昭和54年1月1日から施行する。

付 則(昭和55年条例第38号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和59年条例第15号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(昭和62年条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

日野市国民健康保険高額療養費貸付基金条例

昭和53年12月27日 条例第39号

(昭和62年10月5日施行)

体系情報
第7編 務/第5章 産/第2節
沿革情報
昭和53年12月27日 条例第39号
昭和55年12月26日 条例第38号
昭和59年7月6日 条例第15号
昭和62年10月5日 条例第33号