○日野市立保育園設置条例施行規則

昭和63年12月27日

規則第49号

日野市立保育所設置条例施行規則(昭和36年条例第3号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、日野市立保育園設置条例(昭和63年条例第40号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定める。

(保育)

第2条 条例第1条により設置された保育園は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)及び子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)の規定により、保育を必要とする児童を日々保護者の下から通わせて保育を行う。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、児童が次の各号の一に該当すると認めたときは、当該児童を保育しないことができる。

(1) 伝染病又は悪質の疾患をもつもの

(2) 心身が虚弱で保育に堪えないもの

(3) その他入所を不適当と認めたもの

(定員)

第3条 保育園の定員は、別表に定めるところによる。

(開園時間及び休日)

第4条 保育園の開園時間及び休日を次のとおり定める。

(1) 開園時間

午前7時から午後6時までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、開園時間を変更することができる。

(2) 休日

日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに1月2日、同3日及び12月29日から31日までの日は休日とする。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、これを変更することができる。

(保育時間)

第5条 保育園における児童の保育時間は、当該児童の保護者について、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 保育標準時間認定者(子ども・子育て支援法施行規則(平成26年内閣府令第44号。以下「府令」という。)第4条第1項の規定により、一日当たりの保育の利用時間が11時間までの認定を受けた者をいう。) 午前7時から午後6時まで

(2) 保育短時間認定者(府令第4条第1項の規定により、一日当たりの保育の利用時間が8時間までの認定を受けた者をいう。) 午前9時から午後5時まで

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要と認めたときは、保育時間を変更することができる。

(入所禁止・退所処置)

第6条 次の各号の一に該当する場合は、市長が入所を禁じ、又は退所させることができる。

(1) 定員に達したとき。

(2) 疾患その他の事由により、他の園児に影響を及ぼすおそれがあると認められたとき。

(3) 入所願書に偽りがあつたとき。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成10年規則第18号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

付 則(平成20年規則第19号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成26年規則第1号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成27年規則第20号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

付 則(平成29年規則第49号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

名称

定員

日野市立たまだいら保育園

130

日野市立ひらやま保育園

100

日野市立あらい保育園

80

日野市立みさわ保育園

115

日野市立たかはた台保育園

110

日野市立みなみだいら保育園

110

日野市立あさひがおか保育園

100

日野市立もぐさ台保育園

100

日野市立おおくぼ保育園

100

日野市立しんさかした保育園

80

日野市立保育園設置条例施行規則

昭和63年12月27日 規則第49号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉等
沿革情報
昭和63年12月27日 規則第49号
平成10年3月31日 規則第18号
平成20年3月31日 規則第19号
平成26年1月6日 規則第1号
平成27年3月31日 規則第20号
平成29年9月29日 規則第49号