○日野市立児童館処務規程

昭和46年6月4日

訓令第2号

(目的)

第1条 この規程は、日野市立児童館(以下「館」という。)の事務処理について必要な事項を定めることを目的とする。

(所掌事務)

第2条 館が所掌する事務は、おおむね次のとおりとする。

(1) 児童の健全な育成に関すること。

(2) 館の維持管理に関すること。

(3) その他市長の指示する事項

(職員)

第3条 館に、次の職員を置く。

館長

主事

保母

用務員

(職員の職責)

第4条 館長は、上司の命を受け、館の事務をつかさどり、所属職員を指揮監督する。

2 主事、保母及び用務員は、館長の命を受け、その職務に従事する。

(館長の専決事案)

第5条 館長が専決できる事案は、次のとおりとする。

(1) 職名又は館名をもつて、文書を発すること。

(2) 所属職員の事務分掌

(3) 所属職員の出張、休暇、時間外勤務、休日勤務及び週休日の振替え等に関すること。

(4) 児童館の使用承認

(5) その他定例的な事案

(事案の代決)

第6条 館長が出張又は休暇その他の事故により不在のときは、館長があらかじめ指定した職員が、その事案を代決する。

2 前項の代決は、特に至急に処理しなければならない事案に限るものとする。

(館に備える帳簿等)

第7条 館長は、次の帳簿等を備え、必要な事項を記入整理しなければならない。

(1) 施設台帳

(2) 文書収発簿

(3) 備品台帳及び用品受払簿

(4) 職員の出勤等に関する帳簿等

(5) 出張命令簿及び時間外勤務命令簿

(6) その他市長が必要と認める帳簿等

(事務の報告)

第8条 館長は、毎月5日までに、次に掲げる事項について、市長に報告しなければならない。

(1) 前月中の職員の勤務状況

(2) 前月分の事業の実績

(3) その他市長が指定した事項

2 前項の規定にかかわらず、重要又は異例に属する事項は、その都度、報告しなければならない。

(準用)

第9条 この規程に定めのない事項については、日野市文書管理規程(昭和53年訓令第3号)日野市職員服務規程(昭和36年規程第1号)及び日野市物品管理規則(平成6年規則第15号)を準用する。

付 則

この訓令は、公表の日から施行し、昭和46年4月15日から適用する。

付 則(平成6年訓令第4号)

この訓令は、公表の日から施行し、この訓令による改正後の日野市事務決裁規程、日野市車両管理規程、日野市立児童館処務規程及び日野市工事施工規程の規定は、平成6年4月1日から適用する。

付 則(平成8年訓令第1号)

(施行期日)

第1条 この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

日野市立児童館処務規程

昭和46年6月4日 訓令第2号

(平成8年4月1日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第3節 児童・母子福祉等
沿革情報
昭和46年6月4日 訓令第2号
平成6年4月25日 訓令第4号
平成8年4月1日 訓令第1号