○日野市立シルバー人材センター条例

平成元年10月4日

条例第29号

(目的)

第1条 この条例は、高齢者のもつ経験と能力を社会に役立てることにより、高齢者の社会参加と生きがいを促進し、もって福祉の増進を図る目的をもって設立する日野市立シルバー人材センター(以下「センター」という。)の管理運営について必要な事項を定める。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 日野市立シルバー人材センター

(2) 位置 日野市日野本町二丁目4番地の7(中日本高速道路株式会社管理中央自動車道高架下借地)

(平成23条例15・一部改正)

(事業)

第3条 センターは、次の事業を行う。

(1) 高齢者の社会参加と就労手段の開発

(2) 高齢者の生きがいとなる就労相談

(3) 公益社団法人日野市シルバー人材センターの一部業務に必要な場所の提供

(4) 前3号のほか、目的達成のため必要な事業

(平成23条例15・一部改正)

(使用)

第4条 センターを使用しようとする団体は、市長の許可を受けなければならない。

(休館日)

第5条 センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 1月2日及び同月3日

(4) 12月29日から同月31日まで

(平成4条例27・一部改正)

(使用時間)

第6条 センターの使用時間は、月曜日から金曜日までは午前8時30分から午後5時までとする。ただし、市長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(平成4条例27・一部改正)

(委任)

第7条 この条例に規定しない事項は、別に定める。

付 則

この条例は、平成元年12月1日から施行する。

付 則(平成4年条例第27号)

この条例は、平成4年7月12日から施行する。

付 則(平成23年条例第15号)

この条例は、公布の日から施行し、この条例による改正後の公益財団法人社会教育協会に対する補助金交付条例、日野市職員の公益的法人等への派遣等に関する条例及び日野市立シルバー人材センター条例の規定は、平成23年4月1日から適用する。

日野市立シルバー人材センター条例

平成元年10月4日 条例第29号

(平成23年6月23日施行)

体系情報
第9編 生/第1章 社会福祉/第5節 老人福祉
沿革情報
平成元年10月4日 条例第29号
平成4年6月30日 条例第27号
平成23年6月23日 条例第15号