○日野市電算システム登録外文字取扱要綱

昭和61年4月7日

制定

(趣旨)

第1条 この要綱は、住民基本台帳の電算システム登録外文字(以下「外字」という。)の取扱いの決定及び入力後の管理について必要な事項を定めるものとする。

(外字の取扱い決定)

第2条 外字の取扱いの決定は、外字管理委員会(以下「委員会」という。)において検討し、市民部長の決裁を得るものとする。

(登録、管理及び通知)

第3条 外字の登録及び管理は、委員会で行うものとする。

2 委員会は、登録した外字を市民窓口課長、七生支所長及び情報システム課長に通知するものとする。

(組織)

第4条 委員会は、7名以内の委員をもつて組織する。

2 委員は、次の各号の所属職員をもつて構成する。

(1) 市民窓口課

(2) 七生支所

3 委員会の委員長は、構成員のうち管理職をもつて充てる。

(委員長の職務)

第5条 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。

2 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ定めた委員がその職務を代理する。

(委員会)

第6条 委員長は、必要があると認めたときは、委員会を召集する。

2 委員会は、委員の半数以上の出席がなければ会議を開くことができない。

(事務局)

第7条 委員会の事務を処理するために事務局を置き、委員長が所属する課又は支所がこれに当たる。

(コードブックの配布)

第8条 委員会は、登録した外字を毎年6月及び12月にコードブックとして作成し、市民窓口課及び七生支所に配布するものとする。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、運営に関して必要な事項は委員長が別に定める。

付 則

この要綱は、昭和61年4月7日から施行し、昭和60年11月25日から適用する。

付 則(平成10年4月13日)

この要綱は、日野市組織条例の一部を改正する条例(平成9年条例第35号)の施行の日から施行する。

付 則(平成10年12月18日)

この要綱は、平成11年1月1日から施行する。

付 則(平成16年3月15日)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

日野市電算システム登録外文字取扱要綱

昭和61年4月7日 制定

(平成16年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第4編 行政通則/第4章 戸籍・印鑑等
沿革情報
昭和61年4月7日 制定
平成10年4月13日 種別なし
平成10年12月18日 種別なし
平成16年3月15日 種別なし