○日野市立学校の通学区域等の取扱いに関する要綱

昭和63年12月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、日野市立学校の通学区域に関する規則(昭和63年教育委員会規則第9号。以下「規則」という。)に定める通学区域(以下「学区」という。)等の取扱いについて、必要な事項を定めることを目的とする。

(町名地番改正等により生ずる学区域の取扱い)

第2条 町名地番の変更・分筆等により、規則の別表に定めが無い場合及び修正の必要が生じた場合等にあつては、学校課長は当該児童生徒の居住区を確認し、入学校を指定するものとする。

(学区外就学等)

第3条 規則第6条による承認については、当該児童生徒の状況及びその保護者の意見を考慮し、これを行うことができる。この場合において、当該保護者は、日野市内の学区変更については、指定学校変更願(第1号様式)を、他区市町村より日野市立学校へ就学させようとする場合は、区域外就学願(第2号様式)を、日野市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出し承認を得なければならない。

2 前項に係る承認期間は、指定学校変更願については卒業まで、区域外就学願については学年末までを上限とする。ただし、区域外就学願については当該保護者の申出により、学年を単位に卒業までを上限として更新することができるものとする。

3 当該学区内に架空の住所を設定したり、居住の事実なく住民登録の異動等により不正入学を行つている児童生徒については、教育委員会は、生活の本拠たる住所であるか否かを明らかにし、その保護者に対し、真に居住する学区への転校手続を行わせるものとする。

4 日野市に住民登録はないが日野市に居住する等で日野市立学校への就学を希望するものは、当該児童生徒の保護者が、日野市居住等による就学届(第3号様式)を提出し、教育委員会の承認を得なければならない。

5 国立、都立又は私立の小学校又は中学校に児童生徒を入学させようとする保護者は、当該学校長の入学を証明する書類等を、教育委員会に提出しなければならない。

(委任)

第4条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

付 則

1 この要綱は、昭和63年12月1日から施行する。

2 この要綱施行の際、現に在学中の児童及び生徒については、この要綱により入学した者とみなす。

付 則(平成13年8月1日)

この要綱は、平成13年8月1日から施行する。

付 則(平成16年2月25日)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

付 則(令和2年4月1日)

1 この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

2 この要綱の施行の際、現に在学中の児童及び生徒については、この要綱により入学した者とみなす。

3 この要綱に基づく通学区域等の取扱いに係る手続等は、この要綱の施行の日前においても行うことができる。

第1号様式(第3条関係)

画像

第2号様式(第3条関係)

画像

第3号様式(第3条関係)

画像

日野市立学校の通学区域等の取扱いに関する要綱

昭和63年12月1日 制定

(令和2年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第8編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和63年12月1日 制定
平成13年8月1日 種別なし
平成16年2月25日 種別なし
令和2年4月1日 種別なし