○日野市立図書館パソコン点訳システム利用要綱

平成4年12月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、視覚障害者及び点訳者等にパソコン点訳システムを開放し、視覚障害者等の図書館利用の増進を図ることを目的とする。

(パソコン点訳システム)

第2条 パソコン点訳システムとは、次の各号からなる。

(1) パソコン本体及び周辺機器

(2) 点字プリンター

(3) 点訳ソフト(システム・ディスク)

(4) 音声発声装置

(5) その他

(対象者)

第3条 日野市内に在住若しくは在勤の視覚障害者、点訳者及び図書館長(以下「館長」という。)が適当と認めた者とする。

(利用の申込み及び利用時間等)

第4条 パソコン点訳システムの利用の申込み及び実施は、次の各号に定めるところにより行う。

(1) パソコン点訳システムの利用は、予約制とし、定期利用も受け付ける。また、当日予約がなければ、即日利用も認める。

(2) 利用時間は、図書館の開館時間内の利用者の希望する時間を原則とし、必要により館長が調整する。

(点訳ソフトの複製及び貸出しの禁止)

第5条 点訳ソフト(システム・ディスク)の複製及び貸出しは、著作権法に基づき、これを禁じる。

(自己負担)

第6条 利用者は、パソコン点訳システムの利用に際し、パソコン点字用紙及び文書作成用のフロッピー・ディスクを自己負担するものとする。ただし、館長が必要と認めた場合は、この限りではない。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項については日野市立図書館運営規則に基づき、館長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成4年12月1日から施行する。

日野市立図書館パソコン点訳システム利用要綱

平成4年12月1日 制定

(平成4年12月1日施行)