○日野市休日診療事業実施要綱

昭和57年4月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日並びに12月29日から同月31日まで及び1月2日から同月3日までの日(以下「休日」という。)において診療施設を確保し、急病患者に対する診療事業(以下「休日診療事業」という。)を実施することにより住民の生命と健康を守ることを目的とする。

(施設の確保)

第2条 市長は、休日における急病患者に対する外来診療施設を休日診療事業計画書(第1号様式)のとおり委託等により確保するものとする。

(運営方法)

第3条 市長は、地域住民の利便及び地域の特性を十分考慮し、関係機関と協議の上、地域に適した方法により医療機関を指定し、休日診療事業を実施するものとする。

2 前項の規定により指定を受けた医療機関は、その旨を表示するものとする。

(診療時間)

第4条 診療時間は、午前9時から午後5時までの8時間とする。

(対象患者)

第5条 対象患者は、主として内科、小児科系急病患者とする。

(診療体制)

第6条 市長は、1医療単位として医師1名を含む3名を配置する。

(診療報酬費等)

第7条 診療報酬は、当該医療機関の収入とする。

2 急病患者が社会保険等により受診する場合は、保険証を提出しなければならない。

(利用案内の周知)

第8条 市長は、関係機関と連携して、住民への利用案内の周知徹底を図るものとする。

(業務の委託)

第9条 市長は、休日診療事業の業務を契約書(第2号様式)に基づき医師会に委託する。

(委託料)

第10条 委託料は、次の基準により算定するものとする。

(1) 1休日1医療単位を基礎とする。

(2) 年末年始には特別加算をする。

(事務費)

第11条 休日診療事業実施に伴う請求、清算等に係る事務費は、1休日1医療単位を基礎に算定するものとする。

付 則

この要綱は、昭和57年4月1日から施行する。

様式 略

日野市休日診療事業実施要綱

昭和57年4月1日 制定

(昭和57年4月1日施行)