○日野市表彰条例

昭和54年6月30日

条例第15号

(目的)

第1条 この条例は、市民の生活と文化の向上に特に功労があつた者の事績をたたえることにより市民の福祉増進に資することを目的とする。

(表彰)

第2条 市長は、次に掲げる区分により顕著な功績又は模範として推奨するにふさわしい業績若しくは徳行のあつた者を表彰する。

(1) 地方自治の発達に関するもの

 地方自治功労

 市民自治功労

 防災功労

 防犯功労

 交通安全功労

 生活文化功労

(2) 生活安定と環境の保全に関するもの

 社会福祉功労

 保健衛生功労

 環境保全功労

(3) 教育振興と文化の向上に関するもの

 学校教育功労

 社会教育功労

 文化事業功労

 青少年育成功労

(4) 産業の発展と科学の発達に関するもの

 労働精励功労

 農林水産功労

 中小企業功労

 建設功労

 科学技術功労

 発明研究功労

 技能功労

(5) 徳行に関するもの

 善行

 人命救助

(昭和60条例14・平成17条例4・一部改正)

(欠格条項)

第3条 表彰を受けるべき者(以下「被表彰者」という。)次の各号の一に該当するとき、その他表彰の趣旨に反すると認められるときは表彰を行わない。

(1) 表彰の対象となる行為を日野市の区域以外の区域で行つたものであるとき。ただし、前条第5号の規定に係る表彰であるときは、この限りでない。

(2) 刑事事件に関して現に起訴されている者又は刑に処せられた者(刑の消滅した者は除く。)

(平成12条例6・一部改正)

(再表彰)

第4条 被表彰者が第2条第4号カ及び第5号の規定に係る表彰を受けた者であるときは、新たな事績に限り再表彰を行うことができる。

(表彰の方法)

第5条 表彰は、表彰状を授与して行い、副賞を添えるものとする。

2 被表彰者が表彰前に死亡したときは、表彰状等は遺族に贈呈する。

3 表彰を受けた者(以下「受章者」という。)の氏名、名称及び事績の概要は、日野市広報に登載して公表するほか、受章者名簿に登録し、永久保存するものとする。

(受章者に対する特別待遇)

第6条 受章者は、次の各号の待遇を受けることができる。

(1) 市の儀式及び公式行事への参加

(2) 葬儀の際における弔詞及び弔花の贈呈

(平成24条例3・一部改正)

(表彰の時期)

第7条 表彰は、毎年11月3日に行う。ただし、市長が必要と認めたときは、随時又は別に定める日に行うことができる。

(表彰審査会)

第8条 表彰の適正を期するため、日野市表彰審査会(以下「審査会」という。)を置く。

(表彰の決定)

第9条 市長は、第2条に定める表彰に値すると認めたもの(以下「表彰候補者」という。)について審査会に諮り決定するものとする。

(規則への委任)

第10条 表彰基準その他この条例の実施に関して必要な事項は、別に規則で定める。

付 則

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例施行後第2条第1号アの被表彰者中改正前条例第3条に該当する者の表彰は、当分の間、功労章、表彰状を授与して行い副賞を添えるものとする。

3 この条例施行後改正前条例第4条に該当する者の表彰は、当分の間表彰状を授与して行い副賞を添えるものとする。

4 この条例施行前の受章者は、この条例に基づいて表彰されたものとみなす。

5 この条例施行前に所定の任期を満了し未だ表彰されない者については、この条例の規定に基づいて行うものとする。

付 則(昭和60年条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成12年条例第6号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成17年条例第4号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

付 則(平成24年条例第3号)

1 この条例は、平成24年4月1日から施行する。

2 この条例による改正後の日野市表彰条例第6条第2号の規定は、平成24年4月1日以降の受章者の死亡について適用し、平成24年3月31日までの受章者の死亡については、なお従前の例による。

日野市表彰条例

昭和54年6月30日 条例第15号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第1編 規/第5章
沿革情報
昭和54年6月30日 条例第15号
昭和60年6月27日 条例第14号
平成12年3月30日 条例第6号
平成17年3月31日 条例第4号
平成24年3月31日 条例第3号