○日野市職員の公務災害等に伴う弔慰金等の支給に関する条例施行規則

平成2年3月31日

規則第8号

(遺族の範囲及び順位)

第2条 条例第6条第1項に規定する弔慰金の支給を受けることができる遺族は、次の各号に掲げる者であって、職員の死亡の当時その収入によって生計を維持していた者とする。

(1) 配偶者(婚姻の届出をしていないが、職員の死亡の当時事実上婚姻関係と同様の事情にあった者を含む。)

(2) 

(3) 父母

(4) 

(5) 祖父母

(6) 兄弟姉妹

2 前項の弔慰金の支給を受けるべき遺族の順序は、前項各号に掲げる者の順位とし、父母については、養父母を先にし、実父母を後にする。

(申請の手続)

第3条 弔慰金等の支給を受けようとする者は、次の各号に掲げる弔慰金等の種類に応じ、当該各号に掲げる弔慰金等の申請書にそれぞれ申請の原因となった事実を証明することができる書類その他の資料を添え、所属長(非常勤の職員にあっては当該非常勤の職員の業務を管理又は統轄する者をいう。)を経由して市長に提出するものとする。

(1) 弔慰金 弔慰金申請書(第1号様式)

(2) 見舞金 見舞金申請書(第2号様式)

2 前項の場合において、見舞金を受けようとする職員が申請前に死亡した場合は、当該職員の遺族が当該申請をすることができる。

(申請の代表者)

第4条 弔慰金の申請において、弔慰金を受けることができる遺族が2人以上あるときは、これらの者は、そのうちの1人を弔慰金の申請及び受領についての代表者に選任しなければならない。ただし、やむを得ない事情のため代表者を選任することができないときは、この限りでない。

2 前項の規定により、代表者に選任された者は、その旨を証明することができる書類を市長に提出しなければならない。

(支給決定の通知)

第5条 市長は、条例第11条第1項の規定により、弔慰金等を支給することを決定したときは、弔慰金等支給決定通知書(第3号様式)により当該弔慰金等の申請をした者に通知するものとする。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この規則は、平成2年4月1日から施行する。

様式 略

日野市職員の公務災害等に伴う弔慰金等の支給に関する条例施行規則

平成2年3月31日 規則第8号

(平成2年3月31日施行)

体系情報
第5編 事/第5章 職員等厚生
沿革情報
平成2年3月31日 規則第8号