○日野市立病院助産師及び看護師修学資金貸与条例施行規則

昭和48年3月31日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、日野市立病院助産師及び看護師修学資金貸与条例(昭和48年条例第6号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(貸与の特例)

第2条 条例第3条第2項の規定による貸与額の増額(以下単に「増額」という。)は、次の各号に掲げる費用について、特に必要と認められる場合において行うものとする。

(1) 助産師及び看護師を養成する学校又は養成所において必要な入学金その他入学に要した費用

(2) 既に他の機関等から修学資金を貸与されている者において、他の機関から貸与されている修学資金を返還するために要する費用(以下「返還金」という。)

2 前項第1号の費用に係る増額は、入学後10カ月以内の期間に限り行う。

3 第1項各号の費用に係る増額は、その者が適用を受ける条例第3条第1項各号に規定する額に、第1項第1号に掲げる費用にあつては前項に規定する月数を、同項第2号に掲げる費用にあつては他の機関等から修学資金の貸与を受けた月数をそれぞれ乗じて得た額を上限として行う。

(貸与の申込み)

第3条 条例第7条の規定による修学資金の申込みは、修学資金申込書(第1号様式)に、次に掲げる書類を添付して行うものとする。

(1) 在学証明書

(2) 健康診断書

(3) 連帯保証人の印鑑登録証明書

(4) 連帯保証人の課税証明書

(5) その他市長が必要と認める書類

2 増額を希望する者(以下「借換申請者」という。)は、前項の書類に加え、修学資金借換申請書(第2号様式)及び修学資金貸与証明書(第3号様式)を提出しなければならない。

(貸与決定通知等)

第4条 条例第8条の規定により、修学資金の貸与を決定したときは、修学資金貸与台帳(第4号様式)に登載するとともに修学資金貸与決定通知書(第5号様式)により、申込者に通知する。

2 修学資金の貸与を行わないと決定したときは、通知書(第6号様式)により、申込者に通知する。

3 増額を行うものとして貸与決定を受けた者は、返還金として十分な額を修学資金の貸与として市から受けたときは、速やかに他の機関等から貸与を受けている金額の全額を返還し、市長に修学資金返還証明書(第7号様式)を提出しなければならない。

(届出)

第5条 修学資金の貸与を受けている者(以下「修学生」という。)又は修学資金の貸与を受けた者は、次の各号の一に該当する場合は、10日以内に当該事実を証する書類を添えて、市長に届け出なければならない。ただし、第1号に規定する事項については、証明書の添付を省略することができる。

(1) 修学生、修学資金の貸与を受けた者又は連帯保証人の住所、氏名、職業その他重要な事項に異動があつたとき。

(2) 修学生又は修学資金の貸与を受けた者が、休学、停学、退学又は復学したとき。

(3) 条例第2条第1号に規定する養成施設卒業の資格に係る免許を取得したとき。

2 修学生又は修学資金の貸与を受けた者が、条例第13条に規定するやむを得ない理由により、条例第11条第2号及び第3号に規定する場合に該当するに至つたときは、当該理由を証する書類を添えて、市長に届け出なければならない。

3 連帯保証人は、修学生又は修学資金の貸与を受けた者が死亡したときは、その事実を証する書類を添えて、直ちに市長に届け出なければならない。

(借用証書の提出)

第6条 修学生は、修学資金の貸与が終了し、又は条例第10条第1項の規定により、修学資金の貸与を中止されたときは、連帯保証人と連署の上、修学資金借用証書(第8号様式)を直ちに市長に提出しなければならない。

(返還債務履行の猶予申請)

第7条 条例第12条の規定による返還債務の履行猶予を受けようとする者は、修学資金返還猶予申請書(第9号様式)に債務の履行猶予を受けようとする理由を証する書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(現況報告書)

第8条 修学生又は修学資金の貸与を受けた者は、修学資金の債務を負うことがなくなるまで、毎年3月31日現在の現況報告書(第10号様式)を市長に提出しなければならない。

付 則

この規則は、昭和48年4月1日から施行する。

付 則(昭和63年規則第26号)

この規則は、公布の日から施行し、この規則による改正後の日野市立総合病院助産婦及び看護婦修学資金貸与条例施行規則の規定は、昭和63年4月1日から適用する。

付 則(平成14年規則第21号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成14年規則第29号)

この規則は、平成14年6月1日から施行する。

付 則(平成22年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成24年規則第8号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

付 則(平成31年規則第24号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の施行の際、第1条の規定による改正前の日野市営住宅条例施行規則、第2条の規定による改正前の日野市市民の森ふれあいホール条例施行規則、第3条の規定による改正前の日野市体育施設条例施行規則、第4条の規定による改正前の日野市老人福祉法施行細則、第5条の規定による改正前の日野市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業者の確認等に関する規則、第6条の規定による改正前の日野市立病院助産師及び看護師修学資金貸与条例施行規則、第7条の規定による改正前の日野市立病院使用条例施行規則並びに第8条の規定による改正前の日野市立病院事業の会計に関する特例を定める規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

第1号様式(第3条関係)

画像

第2号様式(第3条関係)

画像

第3号様式(第3条関係)

画像

第4号様式(第4条関係)

画像画像

第5号様式(第4条関係)

画像

第6号様式(第4条関係)

画像

第7号様式(第4条関係)

画像

第8号様式(第6条関係)

画像画像

第9号様式(第7条関係)

画像

第10号様式(第8条関係)

画像

日野市立病院助産師及び看護師修学資金貸与条例施行規則

昭和48年3月31日 規則第7号

(平成31年3月30日施行)