○日野市かしの木農園の使用に関する要綱

昭和58年9月16日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、かしの木農園(以下「農園」という。)の使用について、必要な事項を定めることにより、老人の健康と生きがいの増進に寄与することを目的とする。

(かしの木農園)

第2条 この要綱で定める農園とは、市が有効利用するため使用する市有地及び市が無料で借り上げた個人が所有する土地で、高齢者に無償で貸し付ける下記所在の農園をいう。

(1) 日野市旭が丘二丁目14番2

(2) 日野市大字上田87番2の一部

(3) 日野市西平山四丁目24番7の一部及び日野市西平山四丁目24番8の一部

(使用者)

第3条 農園を使用できる者は、市の認定を受けている老人クラブとする。

(使用の申込み)

第4条 農園の使用を希望する者は、所定の申込手続により、市長に申込みをしなければならない。

2 市長は、使用希望者が使用区画数を超えたときは、使用者を抽選により決定することができる。

(使用の期間)

第5条 使用の期間は、使用を承認した日から1年間とする。

2 使用の期間の途中で返還のあつた区画を別の者が新たに使用する場合の期間は、当初の使用期間の満了日までとする。

(農園の管理)

第6条 農園の使用者は、他人の耕作に支障のないように努め、肥料や必要な資材以外の物を搬入したり、用土を搬出してはならない。

(使用の取消し)

第7条 市長は、使用者に次の場合には農園の使用を取り消すことができる。

(1) 農園以外の目的に使用する必要が生じたため、あらかじめ使用停止期日の6カ月前に使用者に通知したとき。

(2) この要綱に違反し、不正な行為をしたとき。

(3) 使用者の資格がなくなつたとき。

(返還の方法)

第8条 使用者は、使用停止の通知のあつたときは、使用の期間満了日又は使用停止の期日までに、耕作物を撤去した上、原形に復元し返還しなければならない。

付 則

1 この要綱は、昭和58年9月16日から施行する。

2 この要綱の施行前に、老人クラブが使用している農園の使用の期間は、契約にかかわらず昭和59年3月31日までとする。

3 昭和58年度に使用承認する第2条第2号の農園の使用の期間は、第5条の規定にかかわらず昭和60年3月31日までとする。

付 則(平成23年6月9日)

この要綱は、平成23年6月9日から施行し、この要綱による改正後の日野市かしの木農園の使用に関する要綱の規定は、平成23年4月1日から適用する。

付 則(平成26年4月1日)

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

日野市かしの木農園の使用に関する要綱

昭和58年9月16日 制定

(平成26年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 生/第1章 社会福祉/第5節 老人福祉
沿革情報
昭和58年9月16日 制定
平成23年6月9日 種別なし
平成26年4月1日 種別なし