○日野市私有道路改良工事施工要綱

昭和53年10月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、市費により私有道路の改良を推進し、施工の適正化を期するため必要な事項を定めることにより市民の利便と環境の向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「私有道路」とは、道路法(昭和27年法律第180号)第3条に規定する道路以外の道路(以下「私道」という。)であつて、現に一般の交通に利用されるものをいう。

(条件)

第3条 次の各号に掲げる条件を備える私道に対し、予算の範囲内において市費により改良工事を行うものとする。

(1) 幅員が4メートル以上のもの(建築基準法(昭和25年法律第201号)施行以前の道路は、1.8メートル以上)

(2) 公道から公道に連絡しているもので市道に準ずるもの又は通学路に指定してあるもの

(3) 原則として道路の交会箇所と曲り角に、角切があるもの

(4) 私道を工事することに全員の承諾を得たもの

(5) その他市長が公益上特に必要と認めた私道

2 前項の規定にかかわらず次の各号に掲げる私道は、工事の対象から除く。

(1) 旧住宅地造成事業に関する法律(昭和39年法律第160号)に基づく造成地内の私道

(2) 都市計画法(昭和43年法律第100号)による団地内の私道

(3) 土地区画整理事業決定区域内の私道

(4) 国有地、公有地内の私道

(5) 社有地(国鉄用地を含む。)内の私道

(工事の種類)

第4条 工事の種類は、次の各号のとおりとする。

(1) 舗装工事

(2) 路面排水工事(ただし、市道に接する箇所に終末処理ができる排水施設がない場合は、対象から除く。)

(維持管理)

第5条 改良工事後5年間は、市で補修を行わない。

2 境界等については、地元で管理をする。

(工事の申請)

第6条 この要綱による工事を申請する者(以下「申請者」という。)は、次に掲げる事項を記載した申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。

(1) 申請者の氏名及び住所(団体にあつては、所在地、代表者名)

(2) 事業の目的

(3) 事業の内容

(4) 改良工事を必要とする理由

(5) 土地所有者の使用承諾書 別紙

(6) 道路設備状況調書 別紙

(決定通知)

第7条 市長は、申請を適当と認めたときは、私道改良工事施工決定書により、決定通知するものとする。(第2号様式)

2 前項の承認に当たり市長は、条件を付することができる。

(工事の申請時期)

第8条 工事の申請は、毎年4月1日より9月末日までこれを受け付けるものとする。

2 前項にかかわる所管は、まちづくり部道路課(以下「道路課」という。)とする。

(工事の施工時期)

第9条 工事の施工時期は、道路課で決定し、申請者にその旨通知するものとする。

付 則

この要綱は、昭和53年10月1日から適用する。

付 則(昭和55年3月1日)

この要綱は、昭和55年3月1日から施行する。

付 則(平成16年3月10日)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

様式 略

日野市私有道路改良工事施工要綱

昭和53年10月1日 制定

(平成16年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第12編 設/第3章 土木・河川
沿革情報
昭和53年10月1日 制定
昭和55年3月1日 種別なし
平成16年3月10日 種別なし