○日野市歯科医療連携推進事業実施要綱

平成13年1月1日

制定

日野市歯科医療連携推進事業実施要綱(平成11年9月1日制定)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、在宅で寝たきりの方並びに障害及び認知症により通院が困難な方(以下「在宅要介護者等」という。)が身近な地域で必要な歯科医療サービスの提供が受けられ、専門歯科医療機関がその機能を発揮できる体制づくりのために、障害者等の歯科医療を行うかかりつけ歯科医の定着を図るとともに、機能分担の明確化と連携システムの確立を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、日野市とする。

(対象者)

第3条 対象者は、市内在住の在宅要介護者等とする。

(事業内容)

第4条 事業の内容は、第1条の目的を達成するために必要と認められる次に掲げるものとする。

(1) 協力歯科医院の調査及び名簿作成

(2) 在宅要介護者等に対するかかりつけ歯科医の紹介

(3) 協力歯科医に対する研修

(4) 事例検討会

(5) 一般歯科診療所及び専門歯科医療機関の紹介並びに逆紹介の実施

(6) チラシ・パンフレット等による啓発活動

(7) 前各号に掲げるもののほか、歯科医療連携の推進に関すること。

(事業の委託)

第5条 市長は、事業を円滑に実施するため、必要な事業を公益社団法人東京都八南歯科医師会(以下「歯科医師会」という。)に委託するものとする。

(事業の報告)

第6条 歯科医師会は、事業を実施した年度の終了後に業務報告書を市長に提出するものとする。

(申請)

第7条 かかりつけ歯科医の紹介を受けようとするもの(以下「申請者」という。)は、市長に対し、在宅要介護者等に対するかかりつけ歯科医紹介申請書兼依頼書(別記様式)により申請するものとする。

(選定依頼)

第8条 市長は、前条の規定による申請を受けたときは、かかりつけ歯科医の選定を歯科医師会に依頼するものとする。

(選定等)

第9条 歯科医師会は、前条の規定による依頼を受けたときは、協力歯科医の選定をし、その結果を速やかに申請者に連絡するとともに、市長に報告するものとする。

(診療)

第10条 診療は、原則として保険診療とする。

(医療機器)

第11条 市長は、事業の実施に必要な医療機器等(ポータブル歯科ユニット)を購入し歯科医会に無償貸与するものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成13年1月1日から施行する。

付 則(平成18年4月1日)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成20年4月1日)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

付 則(平成29年4月1日)

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

別記様式(第7条関係)

画像

日野市歯科医療連携推進事業実施要綱

平成13年1月1日 種別なし

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第10編 生/第1章 公衆衛生
沿革情報
平成13年1月1日 種別なし
平成18年4月1日 種別なし
平成20年4月1日 種別なし
平成29年4月1日 種別なし