○日野市家族介護慰労金支給事業実施要綱

平成13年4月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、家庭において重度の要介護高齢者を介護する家族に日野市家族介護慰労金(以下「慰労金」という。)を支給することにより、その家族の身体的、精神的、及び経済的負担の軽減を図るとともに高齢者福祉の増進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において重度の要介護高齢者とは、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第27条第10項の規定により要介護認定され、その要介護状態の区分が要介護認定等に係る介護認定審査会による審査及び判定の基準等に関する省令(平成11年厚生省令第58号)に規定する要介護4又は要介護5であるものをいう。

2 介護者とは、重度の要介護高齢者と生計を共にする者で、当該重度の要介護高齢者を主に介護するものをいう。

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は日野市とする。

(支給要件)

第4条 慰労金は、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当する重度の要介護高齢者の介護者に支給する。

(1) 65歳以上の者で現に市内に居住している者

(2) 申請日からさかのぼって過去1年間以上要介護状態区分が要介護4又は要介護5であると認定されているもの

(3) 法に基づく介護サービスを申請日からさかのぼって過去1年間以上利用していないもの。ただし、法第7条第13項に規定する短期入所生活介護及び同条第14項に規定する短期入所療養介護の利用で、これらの利用期間が当該1年の間に1週間以内であるものは除く。

(4) 支給に係る年度(4月から6月までの申請については、支給に係る年度の前年度)の住民税が非課税の世帯に属しているもの

(5) 当該1年の間に介護保険施設以外の病院等へおおむね3カ月以上入院していないもの

(慰労金の額)

第5条 慰労金の支給額は、重度の要介護高齢者1人につき10万円とする。

(支給申請)

第6条 慰労金の支給を受けようとする介護者は、日野市家族介護慰労金支給申請書(別記様式)により、市長に申請しなければならない。この場合において、過去に慰労金の支給を受けたことのある介護者にあっては、直近の申請から1年を経過する日まで申請することができない。

(支給決定)

第7条 市長は、前条の申請があったときは、第4条の支給要件の確認を行い、支給の可否を決定するものとする。

(慰労金の返還)

第8条 偽りその他不正の行為によって、慰労金の支給を受けたときは、市は、支給した慰労金の全部を返還させることができる。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

付 則(平成17年3月31日)

1 この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

2 この要綱の施行の際、現にこの要綱による改正前の日野市要綱の規定に基づき作成されている用紙については、当分の間、使用することができる。

別記様式(第6条関係)

画像

日野市家族介護慰労金支給事業実施要綱

平成13年4月1日 制定

(平成17年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 生/第1章 社会福祉/第4節 介護保険
沿革情報
平成13年4月1日 制定
平成17年3月31日 種別なし