○日野市光化学スモッグ緊急時対策要綱

平成14年4月15日

制定

日野市光化学スモッグ緊急時対策要綱(昭和48年4月14日制定)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、都民の健康と安全を確保する条例(平成12年東京都条例第215号)に定める大気汚染緊急時の措置に基づき発令される光化学スモッグ緊急時の対策について、必要な事項を定め、関係する機関と一体となって、市民の安全確保を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において緊急時とは、光化学スモッグ予報、光化学スモッグ注意報及び光化学スモッグ警報が発令されたとき並びに被害が発生するおそれがあるときをいう。

(発令及び解除の周知)

第3条 予報の発令は、別表により周知する。ただし、日没後の緊急時の発令は行わない。

2 日没時刻を過ぎたときは、緊急時の措置を解除することができる。

(光化学スモッグ学校情報)

第4条 市は、児童及び生徒の被害を未然に防止するため、次に掲げる基準により、光化学スモッグ学校情報を関係する課より各施設に提供する。

(1) 提供基準 測定点において、オキシダントの大気中における含有率が1,000万分の1以上である状態になり、気象条件からみてその状態が継続又は悪化すると認められたとき。

(2) 解除基準 上記の情報提供後測定点において、オキシダントの大気中における含有率が1,000分の1未満になることが気象条件からみて明らかであるとき。

(緊急時の措置)

第5条 光化学スモッグ緊急時(光化学スモッグ予報が発令された時を除く。)においては、次の事項について市民に対し注意するように周知する。

(1) 屋外になるべく出ないようにする。

(2) 屋外運動はさしひかえるようにする。

(3) 光化学スモッグの被害を受けたときは、南多摩保健所に連絡する。

(その他)

第6条 光化学スモッグ以外の大気汚染緊急時においてもこの要綱に準じ連絡等を行うものとする。

付 則

この要綱は、平成14年4月15日から施行する。

付 則(平成16年3月20日)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

別表画像(第3条関係)光化学スモッグ緊急時連絡体制

日野市光化学スモッグ緊急時対策要綱

平成14年4月15日 制定

(平成16年4月1日施行)