○出席停止の命令の手続に関する要綱

平成14年1月11日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、日野市立学校の管理運営に関する規則(昭和36年教育委員会規則第1号。以下「規則」という。)第22条第3項の規定に基づき、出席停止の命令の手続に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(校長の具申)

第2条 校長は、児童生徒が、規則第22条第1項各号に規定する行為の一又は二以上を繰り返し行う等性行不良であって他の児童生徒の教育に妨げがあるときは、当該児童生徒に対する出席停止に関する具申書(第1号様式)を教育委員会に提出するものとする。

2 校長は、出席停止に関する具申書を教育委員会に提出する際に、当該児童生徒の行った行為の事実関係や当該児童生徒及びその保護者に対して行った指導内容等を記載した指導記録(第2号様式)を教育委員会に提出するものとする。

(保護者等の意見聴取)

第3条 教育委員会は、校長から具申書が提出された場合は、正当な理由なく意見聴取に応じない場合を除き、当該児童生徒の保護者から事前に意見聴取をするものとする。

2 当該児童生徒の保護者との意見聴取は、面接して行うものとする。

3 教育委員会は、できるだけ当該児童生徒から意見を聴取する機会を設けるものとする。

4 当該児童生徒との意見聴取は、対面又は書面によって行うことができる。

(意見聴取の主宰)

第4条 意見聴取は、学校課長が主宰する。

2 意見聴取には、指導主事、当該児童生徒の在籍校の校長、その他学校課長の指名する職員が立ち会うものとする。

(適用の決定)

第5条 教育委員会は、当該児童生徒の保護者から意見聴取後、問題行動の態様及び学校の実情を踏まえ、当該児童生徒の在籍校の校長の判断を尊重しつつ、当該児童生徒の出席停止の適用を決定するものとする。

2 出席停止の命令は、当該児童生徒の保護者に対して、理由及び期間のほか、当該児童生徒の氏名、学校名、保護者の氏名、命令年月日を記載した出席停止通知書(第3号様式)を交付する。

3 出席停止の期間は、出席停止の制度の意義に鑑み、学校の秩序の回復を第一に考慮し、併せて当該児童生徒の状況、他の児童生徒の心身の安定、当該児童生徒の保護者の監護等を考慮し、総合的な判断の下に可能な限り短い期間において決定するものとする。

(適用の解除)

第6条 出席停止期間中の当該児童生徒の状況に改善が見られる場合には、決定の手続きに準じて、出席停止期間を解除することができる。

2 出席停止期間を解除する場合は、当該児童生徒の保護者に対して、出席停止解除通知書(第4号様式)を交付するものとする。

(当該児童生徒に対する出席停止期間中の支援)

第7条 教育委員会は、当該児童生徒の在籍校の校長に対し、当該児童生徒の出席停止期間中における個別指導計画を策定させ、学習の支援など教育上必要な措置を講ずるものとする。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、教育長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成14年1月11日から施行する。

付 則(平成16年4月1日)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

付 則(平成24年4月1日)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

第1号様式(第2条関係)

画像

第2号様式(第2条関係)

画像

第3号様式(第5条関係)

画像

第4号様式(第6条関係)

画像

出席停止の命令の手続に関する要綱

平成14年1月11日 制定

(平成24年4月1日施行)