○日野市福祉サービス総合支援事業実施要綱

平成15年10月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、福祉サービスの利用者等の相談・苦情・支援を総合的・一体的に実施し、適切な福祉サービスが利用できるようにすることを目的とする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、日野市とする。

(対象者)

第3条 事業の対象者は、原則として市内在住の者とする。ただし、市長が認めたときはこの限りではない。

(事業内容)

第4条 事業の内容は、次のとおりとする。

(1) 利用者サポート事業

 福祉サービス利用に際しての苦情相談

 判断能力の不十分な人々の権利擁護相談

 成年後見制度の利用相談

 その他福祉サービス利用に関する専門的な相談

(2) 福祉サービス利用援助事業

この事業は、社会福祉法人日野市社会福祉協議会が実施する地域福祉権利擁護事業により実施する。

(3) 苦情対応事業

この事業は、専門的見地から対応する、第三者性を有する福祉オンブズパーソンが対応する。

(利用料)

第5条 事業に係る利用料は、前条第2号の事業を除き無料とする。

(守秘義務)

第6条 事業の実施に携わる職員は、利用者のプライバシーの保護に十分配慮するとともに、業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。また、その職を退いた後も同様とする。

(関係機関との連携)

第7条 市は、この事業の円滑な運営を図るため関係機関等と連携・調整を図るものとする。

付 則

この要綱は、平成15年10月1日から施行する。

日野市福祉サービス総合支援事業実施要綱

平成15年10月1日 制定

(平成15年10月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成15年10月1日 制定