○日野市生活安全協議会設置要綱

平成15年11月25日

制定

(設置)

第1条 市、市民、警察署等関係行政機関が一体となって、犯罪を防止し、安全で明るいまちづくりを推進するため、日野市生活安全協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(協議事項)

第2条 協議会は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事項を協議する。

(1) 生活安全を阻害している問題に関すること。

(2) 生活安全を改善するための方策に関すること。

(3) 生活安全に関連する要望・意見に関すること。

(4) その他協議会が必要と認めること。

(組織)

第3条 協議会は、次に掲げる委員をもって組織し、市長が委嘱する。

(1) 公募による委員 3人

(2) 日野市老人クラブ連合会会長

(3) 日野市商工会会長

(4) 日野交通安全協会会長

(5) 日野防犯協会会長

(6) 日野・多摩・稲城地区保護司会日野分区長

(7) 日野市赤十字奉仕団委員長

(8) 日野市民生委員・児童委員協議会会長

(9) 日野市立小中学校PTA協議会会長

(10) 日野市公立中学校長会会長

(11) 日野市公立小学校長会会長

(12) 日野市消防団長

(13) 日野消防署長

(14) 日野警察署長

(15) 日野市の部長の職にある職員 3人

(16) 前各号に掲げる者のほか、市長が必要と認めるもの 3人以内

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長の職務)

第5条 協議会に会長を置き、委員の互選とする。

2 会長は、協議会を代表し、必要に応じ協議会を開催する。

3 会長に事故があるときは、会長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

4 会長は、協議の結果、必要と認める場合には、市の区域を管轄する警察署等関係行政機関に対し協力を要請することができる。

(意見聴取等)

第6条 会長は、協議会の運営上必要があると認めるときは、委員以外の者を協議会に出席させ、その意見を聴き、若しくは説明を求め、又は委員以外の者から資料の提出を求めることができる。

(庶務)

第7条 協議会に関する庶務は、総務部において処理する。

付 則

この要綱は、平成16年1月1日から施行する。

日野市生活安全協議会設置要綱

平成15年11月25日 制定

(平成16年1月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 生/第4章 市民生活
沿革情報
平成15年11月25日 制定