○日野市若年者資格取得支援助成金交付要綱

平成16年4月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、他の年齢層に比して雇用失業情勢の厳しい若年者が、将来の就職に必要な資格を取得するための試験(以下「資格取得試験」という。)を受験することを促進するため、資格取得試験受験料(以下「受験料」という。)の一部を助成し、もって若年者の就業機会拡大を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、資格とは、国家資格、公的資格及び民間資格等全般のうち若年者が将来の就職のために必要な資格で、市長が適当と認めたものとする。

(助成対象)

第3条 この要綱で助成金の交付を受けることができる者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 日野市内に居住していること。

(2) 当該受験年度の4月1日現在の年齢が、満18歳以上25歳以下であること。

(3) 若年者雇用支援事業による日野市臨時職員として雇用され、雇用期間中に前条に規定する資格取得試験を受験していること。

(助成回数)

第4条 助成回数は、同一人につき、毎年4月1日から翌年3月31日までの間に1回を限度とする。

(助成金額)

第5条 助成金額は、受験料の2分の1かつ5万円を超えない額とし、10円未満の端数については切り捨てとする。

(交付申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、日野市若年者資格取得支援助成金交付申請書(第1号様式)に受験料領収書を添えて、市長が定める日までに市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項に規定する書類のほか、必要と認める書類の提出を求めることができる。

(交付決定及び通知)

第7条 市長は、前条に規定する交付申請があった場合において、申請内容を審査の上、その内容を適当と認めたときは、助成金の交付を決定し、日野市若年者資格取得支援助成金交付決定通知書(第2号様式)により申請者に通知するものとする。

(交付請求)

第8条 申請者は、前条に規定する交付決定を受けたときは、日野市若年者資格取得支援助成金交付請求書(第3号様式)を市長が定める日までに市長に提出しなければならない。

(助成金の支払い)

第9条 市長は、前条に規定する交付請求に基づき、交付決定した助成金額を申請者に支払うものとする。

(助成金の取消し及び返還)

第10条 市長は、申請者が偽りその他不正行為により助成金の交付決定を受けたときは、交付決定を取り消し、すでに助成金が交付されているときは、その全部又は一部の返還を命ずることができる。

(委任)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

第1号様式(第6条関係)

画像

第2号様式(第7条関係)

画像

第3号様式(第8条関係)

画像

日野市若年者資格取得支援助成金交付要綱

平成16年4月1日 制定

(平成16年4月1日施行)