○日野市立駅前ミニ子育て応援施設設置条例

平成18年12月26日

条例第41号

(目的)

第1条 この条例は、子育て中の市民とその子が気軽につどえる場を提供することと、学童クラブ終了時間後の児童の育成を行うことにより、子育て支援を推進し、児童及び家庭の福祉向上を図るため、日野市立駅前ミニ子育て応援施設(以下「子育て応援施設」という。)を設置し、その管理運営について必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 子育て応援施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 日野市立駅前ミニ子育て応援施設

(2) 位置 日野市落川458番地

(管理)

第3条 子育て応援施設の管理は、日野市が行う。

(事業)

第4条 子育て応援施設は、次の事業を行うものとする。

(1) 子育て中の市民とその子への喫茶、軽食等の提供と交流の場の提供

(2) 学童クラブ終了時間後の児童の育成、食事の提供(以下「育成」という。)

(3) 子育て相談

(4) 子育て情報の提供及び啓発活動

(5) 高齢者等及び地域住民との交流の促進

(6) その他市長が必要と認める事業

(利用対象者)

第5条 子育て応援施設を利用できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 市内に在住している子育て中の市民とその子

(2) 子育て支援に関する活動を行っている者又は行おうとする者

(3) その他市長が特に認める者

2 育成を利用できる者は、保護者の適切な監護に欠ける市内在住の小学生で、学童クラブを利用している児童とする。

(使用の制限)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、子育て応援施設の利用を制限することができる。

(1) 児童の健全な育成を阻害するおそれがあるとき。

(2) この条例及びこの条例に基づく規則の定める事項に違反したとき。

(3) 災害その他の事故により使用できなくなったとき。

(4) その他管理上支障があると認めるとき。

(休館日)

第7条 子育て応援施設の休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が認めるときはこれを変更し、又は別に休館日を定めることができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(こどもの日を除く。)

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(利用時間)

第8条 子育て応援施設の利用時間は、午前10時から午後9時までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(保護者負担金等)

第9条 子育て応援施設を利用する者は、次の実費相当額の負担をするものとする。

(1) 子育て応援施設で提供を受ける飲食物の実費相当額

(2) 子育て応援施設で開催する講演会等の啓発活動に参加する場合における講師料、材料費等の実費相当額

2 育成を利用する児童の保護者は、児童1人につき月額1万円の保護者負担金を納付しなければならない。

3 学童クラブから子育て応援施設までの移送を利用する児童の保護者は、1回の利用につき400円の利用料金を納付しなければならない。

(平成24条例57・一部改正)

(保護者負担金等の減免)

第10条 市長は、特別の理由があると認めるときは、規則で定めるところにより保護者負担金又は利用料金を減額し、又は免除することができる。

(平成24条例57・一部改正)

(育成利用の手続)

第11条 育成の利用を希望する保護者は、規則で定めるところにより、市長に申請し、利用の決定を受けなければならない。

(育成利用の定員)

第12条 育成を利用する児童の定員は、20人とする。

(委任)

第13条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成24年条例第57号)

1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。

2 この条例による改正後の日野市立駅前ミニ子育て応援施設設置条例の規定は、平成25年4月1日以後の利用に係る利用料金から適用する。

日野市立駅前ミニ子育て応援施設設置条例

平成18年12月26日 条例第41号

(平成25年4月1日施行)