○日野市手話通訳者研修要綱

平成18年11月1日

制定

日野市手話通訳者研修要綱(平成元年8月15日制定)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第77条に定める地域生活支援事業のうち同条第1項第7号に基づく事業として、聴覚に障害のある者(以下「聴覚障害者等」という。)とない者との間の意思疎通を円滑にする手話通訳者又は手話通訳奉仕員(以下「手話通訳者等」という。)の養成研修を行うことにより、当該手話通訳者等の表現技術の習得及び向上を図ることを目的とする。

(実施主体等)

第2条 この要綱に基づく事業の実施主体は、日野市(以下「市」という。)とする。ただし、市長は、この事業の一部又は全部を社会福祉法人日野市社会福祉協議会に委託することができる。

(研修の内容等)

第3条 この要綱に基づいて実施する研修は、次の各号に掲げるところによる。

(1) 手話通訳者養成研修

 手話通訳者の表現技術の習得及び向上を目的とする研修

 手話通訳者としての心構えを磨くことを目的とする研修

 その他市長が特に必要と認める研修

(2) 手話通訳奉仕員養成研修

 聴覚障害者等との交流活動の促進や、広報活動の支援者として期待される日常会話程度の手話表現技術の習得を目的とする研修

2 前項各号の研修の対象者は、当該研修の種類ごとに次の各号に掲げるところによる。

(1) 手話通訳者養成研修 日野市コミュニケーション支援事業実施要綱(平成29年4月1日制定)第4条第1号の手話通訳者

(2) 手話通訳奉仕員養成研修 前号に掲げる手話通訳者以外の者で、市内に在住、在勤又は在学し、聴覚障害者等の福祉に理解と熱意を有するもの

(その他)

第4条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成18年11月1日から施行し、平成18年10月1日から適用する。

付 則(平成25年4月15日)

この要綱は、平成25年4月15日から施行し、この要綱による改正後の日野市手話通訳者研修要綱、日野市障害者等相談支援事業実施要綱、日野市相談支援機能強化等事業実施要綱、日野市地域自立支援協議会運営要綱、日野市重度脳性麻痺者家族介護人派遣事業運営要綱、日野市障害者グループホーム等開設準備費補助金交付要綱、日野市障害者グループホーム等家賃助成等実施要綱、日野市精神障害者緊急在宅サポート事業実施要綱、日野市グループホーム等防火設備整備費補助金交付要綱及び日野市障害者日中活動系サービス推進事業補助金交付要綱の規定は、平成25年4月1日から適用する。

付 則(平成29年4月1日)

(施行期日)

1 この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

日野市手話通訳者研修要綱

平成18年11月1日 制定

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第9編 生/第1章 社会福祉/第6節 心身障害者福祉
沿革情報
平成18年11月1日 制定
平成25年4月15日 種別なし
平成29年4月1日 制定