○日野市災害派遣手当に関する規則

平成19年6月28日

規則第43号

(目的)

第1条 この規則は、日野市一般職の職員の給与に関する条例(昭和38年条例第17号。以下「給与条例」という。)第17条の2第3項の規定に基づき、災害派遣手当(武力攻撃災害等派遣手当を含む。以下同じ。)の支給について必要な事項を定めることを目的とする。

(支給方法)

第2条 災害派遣手当は、給与条例第18条の規定により給与が減額される場合においても、減額しない。

第3条 災害派遣手当は、月の1日から末日までの期間に係るものを、翌月の給与条例第5条第2項に規定する給料の支給日に支給する。

2 給与条例第17条の2第1項に規定する職員(以下「派遣職員」という。)の派遣期間が終了したとき又は派遣職員が日野市職員としての身分を失ったときは、前項の規定にかかわらず、当該派遣期間が終了したとき又は身分を失ったときに、災害派遣手当を支給することができる。

第4条 災害派遣手当は、前2条に定めるもののほか、給料の支給方法に準じて支給する。

付 則

この規則は、平成19年7月1日から施行する。

日野市災害派遣手当に関する規則

平成19年6月28日 規則第43号

(平成19年7月1日施行)

体系情報
第6編 与/第3章
沿革情報
平成19年6月28日 規則第43号