○平成22年度多摩・島しょ子ども体験塾日野市・八王子市共同事業実行委員会補助金要綱

平成22年4月1日

制定

(趣旨)

第1条 この要綱は、平成22年度多摩・島しょ子ども体験塾日野市・八王子市共同事業実行委員会(以下「実行委員会」という。)の行う事業について、日野市補助金等の交付に関する規則(昭和42年規則第14号)に定めるもののほか、経費を補助するために必要な事項を定めるものとする。

(補助対象団体)

第2条 補助の対象団体は、平成22年度多摩・島しょ子ども体験塾日野市・八王子市共同事業実行委員会(以下「実行委員会」という。)とする。

(補助対象事業)

第3条 補助の対象となる事業は、次に掲げるものとする。

(1) (仮称)劇団四季のミュージカルにいこう!

(2) (仮称)「うたっちゃえば おどっちゃえば みんなつながる」子どもを元気にする たにぞうファミリーコンサート

(3) (仮称)クリスマス映画祭

(補助対象経費)

第4条 補助の対象経費は、前条に規定する事業に要する費用とする。

(補助金の交付額)

第5条 補助金の交付額は、予算の範囲内で市長が定める額とする。

(補助金の交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする実行委員会は、事業計画書(第1号様式)及び補助金交付申請書(第2号様式。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

(補助金交付の決定)

第7条 市長は、補助金の交付申請があったときは、申請書及び関係書類を審査し、補助金を交付すべきものと認めたときは、速やかに補助金の交付決定をし、補助金決定通知書(第3号様式)を、実行委員会委員長(以下「委員長」という。)に送付するものとする。

(補助金の請求及び受領)

第8条 委員長は、前条に規定する補助金決定通知を受けたときは、補助金請求書(第4号様式)を市長に提出し、補助金の交付を受けるものとする。

(実績報告)

第9条 補助金の交付を受けた委員長は、当該年度終了後速やかに補助金実績報告書(第5号様式)を市長に提出しなければならない。

(補助金の返還)

第10条 市長は、次の各号の一に該当するときは、補助金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) この要綱の規定に反したとき。

(2) 当該年度終了時において、交付した補助金のうち余剰金が生じたとき。

(補助金に関する調査)

第11条 市長は、補助金に関し必要があるときは、いつでも報告を求め、調査を行うことができるものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

様式 略

平成22年度多摩・島しょ子ども体験塾日野市・八王子市共同事業実行委員会補助金要綱

平成22年4月1日 制定

(平成22年4月1日施行)