○日野市公の施設の愛称等の取扱いに関する要綱

平成24年7月11日

制定

(趣旨)

第1条 この要綱は、日野市が設置する公の施設における愛称等の取扱いについて定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 施設 日野市が設置する地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項に規定する公の施設

(2) 施設の名称 施設の設置に係る条例において正式なものとして付された名称

(3) 施設の愛称 施設の名称とは別に条例又は第4条の規定により当該施設に付す市民にとって親しまれやすい名称(ネーミングライツ(施設の名称に代えて使用する通称を決定する権利)を付与された民間事業者等が決定したものを除く。)

(基本方針)

第3条 市長は、施設の名称又は施設の愛称を付すときは、市民にとって親しまれやすく、わかりやすいものを付すことにより、当該施設の認知度を向上させ、もって当該施設の積極的な利用又は当該施設の利用を真に必要とする市民の当該施設の利用を促すよう努めるものとする。

(愛称策定における手続)

第4条 市長は、施設に施設の愛称を付すこととしたときは、あらかじめ市民の意見を聴いた上、当該施設の愛称を決定するものとする。

2 市長は、施設の愛称を定めたときは、日野市の広報、告示等により公表するものとする。ただし、条例において施設の愛称を定めたときは、この限りでない。

(愛称の表記)

第5条 施設に施設の愛称を付した際の文書等における、その表記の方法については、市民にとってわかりやすいものとなるように配慮しつつ、施設の愛称を積極的に用いるものとし、原則、次に掲げるところによる。

(1) 条例において施設の愛称を付した場合 施設の愛称のみの表記

(2) 条例によらず施設の愛称を付した場合 施設の愛称及び施設の名称の併記(施設の名称は括弧書きとし、施設の愛称に付する。)

2 前項第1号に規定する場合であって、既に存する施設の名称に加えて施設の愛称を付すときについては、同号の規定にかかわらず、当該施設の愛称が十分に認知されたと認められるまでの間、前項第2号に規定する表記の方法によるものとする。

(雑則)

第6条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

付 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成24年7月11日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際、現にある施設のうち、施設の名称とは別の愛称等を有する施設の文書等における当該施設に係る名称の表記については、なお従前の例によることができる。

3 市長は、第5条第1項第2号に規定する場合及び前項の場合においては、当該施設の名称及び施設の愛称の認知度、使用状況等を総合的に勘案し、必要な措置を講ずるものとする。

日野市公の施設の愛称等の取扱いに関する要綱

平成24年7月11日 制定

(平成24年7月11日施行)

体系情報
要綱集/第4編 行政通則/第2章 文書・公印
沿革情報
平成24年7月11日 制定