○日野市立図書館資料等の複写又は印刷サービスに関する要綱

平成26年4月1日

制定

日野市立図書館資料等の複写及び印刷サービスに関する要綱(平成22年4月1日制定)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この要綱は、日野市立図書館(以下「市図書館」という。)が、その利用者に対して市図書館資料等の複写又は印刷のサービスを提供するために必要な事項を定め、もって利用者の利便を図ることを目的とする。

(資料等の複写又は印刷の範囲)

第2条 市図書館はこの要綱の規定による複写又は印刷のサービス(以下単に「複写又は印刷」という。)を行うに当たっては、著作権法(昭和45年法律第48号)第31条の規定を遵守しなければならない。

2 利用者が複写又は印刷できる資料は、原則として次の各号に掲げるものとする。

(1) 市図書館所蔵資料で市図書館の館長(以下単に「館長」という。)が複写を許可したもの

(2) 図書館間協力における現物貸借で借り受けた資料のうち貸出館が複写を許可したもの

(3) 市図書館が提供する電子端末により閲覧することができる情報を表示した画面のうち館長が指定し、かつ、印刷が許諾されたもの

(複写又は印刷の料金)

第3条 複写又は印刷の料金は、1枚につき、別表に定めるとおりとする。

2 1枚の用紙に両面複写又は印刷した場合の料金は、2枚として計算する。

(複写又は印刷の申し込み)

第4条 複写又は印刷をしようとする者は、原則として、資料複写申込書(別記様式)に所定の事項を記入し、申し込むものとする。

2 前項の規定にかかわらず、館長が特に認めたときは資料複写申込書の記入を省略することができる。

(複写又は印刷の方法)

第5条 複写又は印刷の方法は、あらかじめ市図書館が指定した機器(以下単に「機器」という。)を、利用者自らが操作して行うものとする。

2 前項の規定にかかわらず、利用者自らの操作を禁止する資料については、市図書館の職員が複写又は印刷を行い、成果物を当該利用者に提供するものとする。

(領収書の発行)

第6条 利用者が、複写又は印刷に際して領収書の交付を請求したときは、市図書館は領収書を発行する。

(料金の収納)

第7条 納入された料金は、現金取扱員が収納手続きに基づき、市の雑入として収納する。

(複写物又は印刷物の責任の所在)

第8条 機器の故障による場合を除き、利用者の誤操作等によって、複写物又は印刷物に瑕疵が生じても、図書館はその責を負わない。

2 複写又は印刷しようとする資料の著作権に関する一切の責任は、利用者が負うものとする。

(損害の弁償)

第9条 利用者自らが機器を操作して複写又は印刷をするに当たり、複写又は印刷の対象となる資料若しくは設備器具等を、甚だしく汚損又は破損若しくは亡失したときは、日野市立図書館運営規則第5条(昭和40年教育員会規則第4号)に基づき、弁償するものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項については日野市立図書館運営規則(昭和40年教育委員会規則第4号)に基づき、館長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

種別

規格

金額

複写・印刷

モノクロ(A4、A3、B5、B4判)

10円

カラー(A4、A3、B5、B4判)

40円

マイクロリーダープリンター印刷

モノクロ(A4、A3、B5、B4判)

10円

別記様式(第4条関係)

画像

日野市立図書館資料等の複写又は印刷サービスに関する要綱

平成26年4月1日 制定

(平成26年4月1日施行)