○ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金交付要綱

平成27年5月12日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、日野市立中学校の吹奏楽部活動に係る経費に対し補助金を交付するために必要な事項を定め、もって子どもたちが自ら行う芸術文化活動の育成を図るとともに、子どもたちの地域活動への積極的な参加を促進し、日野のまちに潤いを与えることを目的とする。

(補助対象事業)

第2条 補助金交付の対象となる事業は、日野市立中学校での吹奏楽部活動の事業とする。

(補助対象者)

第3条 この要綱による補助対象者は、次に掲げるものとする。

(1) 吹奏楽部活動を行っている日野市立中学校

(2) 前号に掲げるもののほか、吹奏楽に関する顕著な活躍をし、市長が必要と認めた学校

(補助対象経費)

第4条 補助対象経費は、次の各号に掲げるものとする。

(1) 楽器修繕費(楽器メンテナンス費用を含む。)

(2) 楽器運搬費

(3) 前2号に掲げるもののほか、第1条の目的に沿った部活動に関する費用(他の補助金等の補助対象経費となっている費用を除く。)で、市長が認める経費

(補助金の交付額)

第5条 補助金の交付額は、予算の範囲内で市長が定める額とする。

(補助金の交付申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする学校の学校長は、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金交付申請書(第1号様式)に必要書類を添付して、市長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定及び通知)

第7条 市長は、前条の規定による補助金の交付申請を受けたときは、その内容を審査の上交付の可否を決定し、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金交付決定通知書(第2号様式)により学校長に通知するものとする。

(補助金の交付条件)

第8条 市長は、補助金の交付の決定に際し、次に掲げる条件を付すものとする。

(1) 補助金の交付決定以降の各手続は指定した期日までに処理すること。

(2) 補助対象以外の用途に使用してはならないこと。

(3) 第15条の規定による検査に協力しなければならないこと。

(4) 第17条の規定による補助金の返還を命ぜられたときは、速やかに補助金を返還すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める条件

(補助金の変更交付申請)

第9条 第7条の規定により補助金の交付決定を受けた学校長は、当該補助金交付決定額に変更が生じる場合は、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金変更交付申請書(第3号様式)に必要書類を添えて市長に提出しなければならない。

(補助金の変更交付決定及び通知)

第10条 市長は、前条の申請があった場合は、その内容を審査し、速やかにブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金変更交付決定通知書(第4号様式)により通知するものとする。

(補助金の請求)

第11条 学校長は、第7条及び前条に規定する交付決定通知書を受けた後、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金交付請求書(第5号様式)により市長に請求するものとする。

2 市長は、前項による請求があったときは、当該補助金を速やかに支出しなければならない。

(実績報告)

第12条 学校長は、補助対象事業が完了したときは、速やかにブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金実績報告書(第6号様式)次の各号に掲げる書類を添付し、市長に報告しなければならない。

(1) 見積書、納品書、請求書の写し、領収書等支出の明細が分かるもの

(2) 部活動の年間会計報告

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認めた書類

(補助金額の確定)

第13条 市長は、前条の補助金実績報告書の提出を受けた場合は、その内容を審査し、補助対象事業の成果が適正であると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金確定通知書(第7号様式)により学校長に通知するものとする。

2 学校長は、交付を受けた補助金に余剰金が生じたときは、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金精算書(第8号様式)を市長に提出するとともに、当該余剰金を速やかに市長に返還するものとする。

(書類の整備、保管)

第14条 学校長は、補助対象事業に係る収入及び支出を明らかにした書類を整備し、これを当該補助対象事業の属する会計年度終了後5年間保管しておかなければならない。

(検査)

第15条 市長は、必要があると認めるときは、補助金の交付に関して報告を求め、又は帳簿その他関係書類を検査することができる。

(補助金交付決定の取消し)

第16条 市長は、学校長が次の各号のいずれかに該当すると認められるときは、補助金交付決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 第8条(第4号を除く。)に規定する条件に違反したとき。

2 前項の規定により補助金交付決定の全部又は一部を取り消したときは、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金交付決定取消通知書(第9号様式)により学校長に通知するものとする。

(補助金の返還)

第17条 市長は、前条の規定により補助金の交付決定を取り消した場合において、既に学校長に支払われている補助金があるときは、ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金返還命令書(第10号様式)により学校長に対し、期限を定めてその返還を命ずることができる。

(委任)

第18条 この要綱の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、平成27年5月12日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

第1号様式(第6条関係)

画像

第2号様式(第7条関係)

画像

第3号様式(第9条関係)

画像

第4号様式(第10条関係)

画像

第5号様式(第11条関係)

画像

第6号様式(第12条関係)

画像

第7号様式(第13条関係)

画像

第8号様式(第13条関係)

画像

第9号様式(第16条関係)

画像

第10号様式(第17条関係)

画像

ブラスバンドが響くまち「ひの」プロジェクト補助金交付要綱

平成27年5月12日 制定

(平成27年5月12日施行)