○日野市会計年度任用職員の初任給等の基準に関する規則

令和2年3月31日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、日野市会計年度任用職員の給与に関する条例(令和元年条例第43号。以下「会計年度任用職員給与条例」という。)第20条の規定に基づき、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の2第1項に掲げる会計年度任用職員の初任給等の基準に関する事項を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この規則で使用する用語は、会計年度任用職員給与条例で使用する用語の例による。

(新たに職員となった者の号給)

第3条 新たに会計年度任用職員となった者(次条から第3条の4に規定する職員を除く。)の号給は、別表第1及び別表第1の2のとおりとする。

(国際交流員として新たに任用された者の報酬額)

第3条の2 国際交流員の報酬月額は、その者を初めて国際交流員として任用した日から1年間を1年目とし、1年目は280,000円、2年目は300,000円、3年目は325,000円、4年目及び5年目は330,000円とし、市長が必要と認めた場合は、それぞれの額に給与条例第8条の3に規定する住居手当に相当する額を加えた額を報酬月額とする。

(日野市立病院に勤務するパートタイム会計年度任用職員の報酬額)

第3条の3 新たに職員になった者のうち日野市立病院に勤務するパートタイム会計年度任用職員で時間額の報酬を受ける者の報酬額は、別表第1の3のとおりとする。

(条例第9条第3項の適用を受ける者の報酬額)

第3条の4 新たに職員になった者のうち会計年度任用職員給与条例第9条第3項の規定により報酬の額を定める者及びその報酬の額は、別表第1の4のとおりとする。ただし、職務の専門性、特殊性、職員の経験等を考慮し、これにより難い職員の報酬額については、別に定めることができる。

(経験年数を有する者の給料月額)

第4条 新たに職員となった者で第3条の規定により号給を決定する者のうち、市において同種の業務に従事した経験を有する者の給料月額は、同条の規定による号給の号数に、経験年数(職員が職員として同種の職務に在職した月数(任用開始の日から退職の日までの月数をいい、1月に満たない数は切り捨てた数とする。)と、当該在職中の職員の1週間の正規の勤務時間に応じて、別表第2に定める経験年数算定表により算出した年数をいう。以下同じ。)を加えることができる。

2 新たに職員となった者で第3条の3の規定により報酬額を決定する者のうち、市において同種の業務に従事した経験を有する者の報酬額は、同条の規定による報酬の額に、経験年数1年につき20円を超えない範囲で、報酬月額を加算することができるものとする。

3 前2項の規定により定められる号給の号数又は報酬額が、条例別表第3及び別表第3の2に定める最高号給の号数又は条例第9条の2に定める上限額を上回る場合は、当該職員の号給の号数は又は報酬額は、条例別表第3及び別表第3の2に定める最高号給の号数又は条例第9条の2に定める上限額とする。

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

会計年度任用職員初任給基準表(1級の職)

職種

初任給の号給

103統計調査

1級1号給

106窓口業務

1級1号給

108マイナンバー対応

1級1号給

109住宅実態調査

1級1号給

110市・都民税課税

1級1号給

114後期高齢者医療

1級1号給

115国民健康保険

1級1号給

117.5浄化槽軽減・苦情処理等

1級1号給

121.5自立支援医療費(精神通院)等の申請受付

1級1号給

121収入資産状況調査

1級1号給

122老人クラブ連合会、高齢福祉サービス

1級1号給

123介護保険

1級1号給

125健診事務

1級1号給

127児童手当・医療証

1級1号給

128ひのっち

1級1号給

130都職学校事務

1級1号給

131中学校事務補助

1級1号給

132図書貸出・返却・整理

1級1号給

205ごみ相談窓口

1級1号給

222交流スペース利用者支援

1級1号給

223子育て相談

1級1号給

224子育て・子育てサークル支援

1級1号給

228.1スクール・サポート・スタッフ

1級1号給

406.2学童クラブ業務全般

1級1号給

703本庁当直業務

1級1号給

705水路清流現場作業

1級1号給

706安全パトロール・ボランティア育成

1級1号給

706公園緑政現場作業

1級1号給

708道路の維持補修作業

1級1号給

709週休対応(保育園給食)

1級1号給

710給食調理

1級1号給

711加算(弾力化)(保育園給食)

1級1号給

712用務

1級1号給

716学校安全管理業務

1級1号給

900その他(事務補助)

1級1号給

930その他(現業)

1級1号給

402子育てひろば

1級3号給

403週休対応

1級3号給

406定数超対応

1級3号給

407フリー・保育士業務全般

1級3号給

408加算(0歳児)

1級3号給

409加算(1歳児)

1級3号給

410加算(小規模)

1級3号給

412朝夕パート

1級3号給

413延長保育対応

1級3号給

601通園事業

1級3号給

602一時預かり事業

1級3号給

603介助員

1級3号給

604特別支援教育支援

1級3号給

605特別支援学級介助

1級3号給

606学級支援員(通常学級介助)

1級3号給

920その他(保育士・幼稚園教諭)

1級3号給

116カワセミハウス業務

1級4号給

130.5副校長補佐

1級4号給

204カワセミハウス業務(長)

1級4号給

212認定調査

1級4号給

213介護保険(住宅改修費調査)

1級4号給

225地域組織化事業(児童虐待防止)

1級4号給

240.5講座等企画運営

1級4号給

414栄養士

1級4号給

910その他(専門事務・相談)

1級4号給

931その他(現業・重作業)

1級5号給

会計年度任用職員初任給基準表(2級の職)

職種

初任給の号給

203国民年金

2級1号給

208.2通訳員・指導員

2級1号給

208中国帰国者等支援

2級1号給

210被保護者就労促進支援

2級1号給

211手話通訳

2級1号給

218チャレンジ支援事業

2級1号給

221.5保育コンシェルジュ

2級1号給

238学校登校支援

2級1号給

239遺跡調査業務

2級1号給

240資料整理・調査

2級1号給

305.3検診対応業務

2級1号給

215自立相談支援・就労指導

2級3号給

217母子・父子自立支援員、婦人相談員

2級3号給

232わかば教室指導員

2級3号給

233理科教育コーディネーター

2級3号給

234教員研修指導

2級3号給

236登校支援コーディネーター

2級3号給

237教育センター管理・運営総括

2級3号給

238.3郷土教育コーディネーター

2級3号給

209医療扶助相談指導

2級4号給

229就学相談

2級5号給

502リソースルームティーチャー

2級5号給

202消費生活相談

2級6号給

206融資事務専門員

2級6号給

207.国際交流員

2級6号給

230特別支援教育

2級6号給

305.2歯科検診対応業務

2級6号給

207価値創出連携コーディネーター

2級7号給

226児童心理相談

2級7号給

231スクールソーシャルワーカー

2級9号給

219指導業務

2級11号給

220相談業務

2級11号給

201女性相談

2級13号給

227子ども家庭総合相談

2級13号給

235教育センター・カウンセラー

2級13号給

305日野市出産・子育て応援

2級13号給

別表第1の2(第3条関係)

会計年度任用職員初任給基準表(日野市立病院に勤務する会計年度任用職員)


職員の区分

初任給の号給

第1表

事務職員

1級2号給

事務職員(医師事務作業補助者)

1級5号給

事務職員

2級1号給

第2表

医療技術員(薬剤師)

1級13号給

医療技術員(上記以外)

1級9号給

第3表

看護師

1級9号給

第4表

医師

1級1号給

第5表

看護補助者(病棟勤務)

1級8号給

看護補助者(外来勤務)

1級6号給

備考 職務の専門性、特殊性、職員の経験等を考慮し、この表により難い職員の報酬額については、あらかじめ任命権者が別に定める。

別表第1の3(第3条の3関係)

会計年度任用職員初任給基準表(日野市立病院に勤務するパートタイム会計年度任用職員で日額又は時間額の報酬を受ける者)

職種

報酬の時間額

看護師・助産師・准看護師

1,860円

薬剤師

2,100円

技師

1,860円

看護補助者(病棟勤務)

1,330円

看護補助者(外来勤務)

1,210円

事務職員

1,100円

事務職員(特定専門職)

1,420円

医師事務作業補助者

1,150円

備考

1 看護補助者(病棟勤務)については、介護福祉士資格:15円/時、ラダーステージⅣ:15円/時、Ⅲ:10円/時、Ⅱ:5円/時の加算を行う。採用後2カ月間の報酬の時間額は1,100円とし、採用後2カ月が経過した月の翌月より、この表を適用する。

2 事務職員(特定専門職)とは、高度・専門的知識経験を有し、かつ、その知識経験を活用した業務に従事する者をいう。

3 医師事務作業補助者の報酬の時間額は、採用時は1,100円とし、採用後1カ月が経過した月の翌月より、この表を適用する。

4 令和2年3月31日時点において、第4条第3項の上限額を超える賃金の支払いを受けている者の報酬の時間額は、当該賃金と同額の報酬とし、再度の任用の際の加算は行わない。

別表第1の4(第3条の4関係)

会計年度任用職員初任給基準表(日野市立病院に勤務する職員で、条例第9条第3項の規定を受ける者)

職種

報酬の額

看護師(休日調剤業務限定)

2,400円/時間

看護師(夜間勤務専従)

18,000円/勤務

(準夜・深夜1勤務当たり)

看護師(短時間勤務・随時勤務)

1,760円/時間

薬剤師(短時間勤務・随時勤務)

1,990円/時間

技師(短時間勤務・随時勤務)

1,760円/時間

看護補助者(準夜勤帯勤務)

1,500円/時間

看護補助者(短時間勤務・随時勤務)

1,040円/時間

事務職員(短時間勤務・随時勤務)

1,040円/時間

医師(初期研修医)

300,000円/月

医師(一般)

40,000円~60,000円/1診療単位

70,000円~90,000円/2診療単位

医師(放射線科、救急科、内視鏡、麻酔科)

50,000円~70,000円/1診療単位

90,000円~125,000円/2診療単位

医師(当直)

70,000円~100,000円/回(平日)

80,000円~120,000円/回(休日)

医師(月額給)

500,000円以内/月

備考

1 短時間勤務とは、1週間当たりの勤務時間が15時間30分に満たないものをいう。

2 随時勤務とは、業務の状況及び本人の希望により、勤務日及び勤務時間が変動するものをいう。

3 1診療単位とは、午前診療(午前9時から午後1時まで)又は午後診療(午後1時から午後5時まで)をいい、2診療単位とは、全日診療(午前9時から午後5時まで)をいう。

別表第2(第4条関係)

1 経験年数算定表

対象期間

1週間の正規の勤務時間

経験年数

令和2年4月1日以降の任用

38時間45分

職員として同種の職務に在職した月数を12で除した数

20時間以上30時間以下

職員として同種の職務に在職した月数に0.5を乗じ、その数を12で除した数

令和2年3月31日以前の任用

37時間30分以下

職員として同種の職務に在職した月数を12で除した数

備考 「職員として同種の職務に在職した月数」について、1未満の端数がある場合は、端数を切り捨てた後に上記の表に従い計算を行う。

2 経験年数算定表(日野市立病院に勤務するパートタイム会計年度任用職員)

1週間の正規の勤務時間

経験年数

15時間30分以上37時間30分以下

職員として同種の職務に在職した月数を12で除した数

日野市会計年度任用職員の初任給等の基準に関する規則

令和2年3月31日 規則第23号

(令和2年4月1日施行)