○日野市学生消防団活動認証制度実施要綱

令和2年4月1日

制定

(目的)

第1条 この要綱は、大学生、大学院生、専門学校生及び各種学校の学生(以下「大学生等」という。)であって、日野市の消防団員(以下「学生団員」という。)のうち、真摯かつ継続的に消防団活動に取り組み、顕著な実績を収め、地域社会へ多大なる貢献をしたと認められるものが行う就職活動を支援するため、市長が当該学生団員の消防団活動における功績を認証することにより、学生団員の士気の高揚を図るとともに、大学生等の日野市消防団への入団を促進し、もって地域の防災力の充実強化を図ることを目的とする。

(功績の認証)

第2条 市長は、大学、大学院、専門学校及び各種学校の在学中に日野市の消防団員として1年以上継続的に消防団活動を行った者(学生でなくなった日から3年を経過した者を除く。)及びこれに準ずる者として消防団長が認めるものについて、その者の依頼により、在学中の消防団活動における功績を認証する。

(認証手続)

第3条 前条に規定する認証(以下「日野市学生消防団活動認証」という。)は、消防団長の推薦に基づき行うものとする。

2 日野市学生消防団活動認証を希望する学生団員は、消防団長に日野市学生消防団活動認証推薦依頼書(第1号様式。以下「認証推薦依頼書」という。)を提出するものとする。

3 消防団長は、認証推薦依頼書を収受した場合において、当該学生団員の活動実績を考慮の上、当該学生団員に顕著な実績があると認めたときは、市長に対し、日野市学生消防団活動認証推薦書(第2号様式。以下「認証推薦書」という。)を提出するものとする。

4 前項の認定推薦書を提出するときは、当該認証を受けようとする者(以下「認証推薦依頼者」という。)の認証推薦依頼書を添付するものとする。

5 市長は、第3項の認証推薦書が提出された場合は、認証推薦依頼者の在学中の消防団活動への参加状況、取組状況その他消防団活動の実績を審査し、認証推薦依頼者が真摯かつ継続的に消防団活動に取り組み、地域社会への貢献を行ったと認める場合は、日野市学生消防団活動認証をすることを決定するものとする。

6 市長は、前項の決定をした場合にあっては日野市学生消防団活動認証決定通知書(第3号様式)に日野市学生消防団活動認証状(第4号様式。以下「認証状」という。)を添えて、日野市学生消防団活動認証をしないことを決定した場合にあっては日野市学生消防団活動認証審査結果通知書(第5号様式)により、その旨を消防団長に通知するものとする。

(認証証明書の交付)

第4条 日野市学生消防団活動認証を受けた者(以下「被認証者」という。)は、当該認証を受けていることの証明を受けようとするときは、市長に対し、日野市学生消防団活動認証証明書交付依頼書(第6号様式)及び認証状の写しを提出するものとする。

2 市長は、被認証者から前項の依頼があった場合は、日野市学生消防団活動認証証明書(第7号様式。以下「認証証明書」という。)を交付するものとする。ただし、当該依頼者が次の各号のいずれかに該当する場合は、交付しない。

(1) 刑事事件に関して起訴され、又は刑に処せられた場合

(2) 認証の根拠となる事項に重大な事実の誤認又は虚偽があった場合

(3) 公の秩序又は善良の風俗に反する行為をしたと認められる場合

(4) 前3号に掲げるもののほか、被認証者として不適切と判断される行為があった場合

(認証の取消し)

第5条 市長は、被認証者が前条第2項各号のいずれかに該当した場合は、日野市学生消防団活動認証の決定を取り消すことができる。

2 前項の取消しを受けた者は、既に交付されている認証状又は認証証明書があるときは、これを直ちに市長に返却しなければならない。

(本制度の周知)

第6条 市長は、日野市学生消防団活動認証制度(以下「認証制度」という。)について、消防団を通じて、当該消防団に所属する大学生等に対して周知するものとする。

2 市長は、認証制度について、市内の企業に周知し、認証証明書の効果が十分得られるよう努めるものとする。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、認証制度の運用に関し必要な事項は、市長が別に定める。

付 則

この要綱は、令和2年4月1日から施行する。

第1号様式(第3条関係)

画像

第2号様式(第3条関係)

画像

第3号様式(第3条関係)

画像

第4号様式(第3条関係)

画像

第5号様式(第3条関係)

画像

第6号様式(第4条関係)

画像

第7号様式(第4条関係)

画像

日野市学生消防団活動認証制度実施要綱

令和2年4月1日 制定

(令和2年4月1日施行)