○日田市同和対策審議会条例施行規則

昭和50年4月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、日田市同和対策審議会条例(昭和50年条例第20号)第7条の規定に基づき日田市同和対策審議会(以下「審議会」という。)の議事運営その他必要な事項について規定するものとする。

(招集)

第2条 審議会は、会長が招集する。ただし、委員任命後の最初の会議は、市長が招集する。

2 委員は、事故等のため会議に出席できないときは、あらかじめその旨を会長に届け出なければならない。

(議長)

第3条 会長は、審議会の議長となり、議事を整理し、秩序を保持する。

(採決)

第4条 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数の場合は、議長の決するところによる。

(資料の提出等)

第5条 会長は、職務の遂行上必要な資料の提出を市長に求めることができる。

2 会長は、職務の遂行上必要がある場合においては、職員及びその他の者の審議会への出席を市長へ求め、その者の説明又は意見を徴することができる。

3 市長は、前2項の規定に基づいて、会長から資料の提出及び職員等の審議会への出席の要求があったときは、やむを得ない事情がある場合を除くほか、その要求に応じるものとする。

(小委員会)

第6条 会長は、職務の遂行上必要があると認めるときは、審議会に諮って小委員会を設けることができる。

2 小委員会に属する委員は、会長が指名する。

3 小委員会に委員長を置き、委員長は小委員会に属する委員が互選する。

4 小委員会については、第2条から第5条までの規定を準用する。この場合において、「審議会」とあるのは「小委員会」と、「会長」とあるのは「委員長」と、「委員」とあるのは「小委員会に属する委員」と、それぞれ読み替えるものとする。ただし、第2条第1項ただし書の規定にあっては、「委員任命後」とあるのは「小委員会に属する委員指名後」と、「市長」とあるのは「会長」と、それぞれ読み替えるものとする。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

この規則は、公布の日から施行する。

(平成9年3月26日規則第22号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

日田市同和対策審議会条例施行規則

昭和50年4月1日 規則第11号

(平成9年3月26日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/ 地域改善対策
沿革情報
昭和50年4月1日 規則第11号
平成9年3月26日 規則第22号