○日田市チャイルドプラザの設置及び管理に関する条例

平成19年9月27日

条例第39号

(設置)

第1条 子育て家庭の親子が相互に交流する場を提供し、育児相談等を通して親の育児に対する負担感を緩和するとともに、子育て経験者等が子育て家庭を直接訪問し、育児の悩み等を「傾聴」し、家事又は育児を「協働」して行うことにより、孤立感の解消及び育児不安の軽減を図るため、地域における子育て支援拠点として、日田市チャイルドプラザ(以下「チャイルドプラザ」という。)を設置する。

(平27条例22・一部改正)

(名称及び位置)

第2条 チャイルドプラザの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 日田市チャイルドプラザ

位置 日田市元町13番20号

(事業)

第3条 チャイルドプラザは、次に掲げる事業を行う。

(1) 子育て親子の交流の場の提供及び交流の促進に関する事業

(2) 子育て等に関する相談又は援助に関する事業

(3) 地域の子育て関連情報の収集及び提供に関する事業

(4) 子育て及び子育て支援に関する講習等に関する事業

(5) 短時間託児に関する事業

(6) 家庭訪問型子育て支援(ホームスタート)に関する事業

(7) その他市長が必要と認める事業

(平27条例22・一部改正)

(職員)

第4条 チャイルドプラザに施設長のほか、必要な職員を置くことができる。

(利用者の範囲等)

第5条 チャイルドプラザを利用できる者は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 市内に居住するおおむね3歳までの乳幼児及びその保護者(同伴に限る。)

(2) 市内に居住するおおむね3歳までの乳幼児を有する保護者で、短時間託児を希望する者

(3) 子育てサークル及びその他の児童の健全な育成を目的とする団体

(4) その他第1条に規定する設置の目的を達成するために市長が必要と認める者

(利用の届出等)

第6条 チャイルドプラザを利用しようとする者又は団体は、あらかじめ、住所、氏名、年齢その他規則で定める事項を市長に届け出なければならない。

2 短時間託児を利用しようとする者は、あらかじめ、市長の利用の許可(以下「利用許可」という。)を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

3 市長は、前項の利用許可をするに当たっては、管理上必要な条件を付することができる。

(利用の制限等)

第7条 市長は、チャイルドプラザを利用しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、施設の利用を停止し、又は制限することができる。

(1) チャイルドプラザの設置の目的に反する利用をし、又はそのおそれがあるとき。

(2) 施設、設備等を汚損し、損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 営利を目的として利用するとき。

(4) 他人に迷惑をかけ、又は危害を及ぼすおそれがあるとき。

(5) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(6) チャイルドプラザの管理及び運営上支障があるとき。

(7) その他市長が適当でないと認めるとき。

2 市長は、前項の規定による利用の制限等によって利用しようとする者が損害を受けても、その賠償の責めを負わないものとする。

(利用許可の取消し等)

第8条 市長は、短時間託児を利用しようとする者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、第6条第2項の利用許可を取り消し、又は利用を停止し、若しくは制限することができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則の規定に違反したとき。

(2) 利用許可の条件又は関係職員の指示に従わないとき。

(3) 疾病等を発症し、事業の運営上支障があるとき。

(4) 施設の管理上支障があるとき。

(5) その他やむを得ない事情により短時間託児の利用を継続することが困難なとき。

2 市長は、前項の規定による利用許可の取消し等によって利用しようとする者が損害を受けても、その賠償の責めを負わないものとする。

(使用料)

第9条 短時間託児を利用しようとする者は、別表に定めるところにより、使用料を納入しなければならない。

2 前項の使用料は、短時間託児の利用が終了した際に納入しなければならない。

(原状回復義務又は損害賠償)

第10条 故意又は重大な過失により施設、設備等を損傷又は滅失した者は、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事情があると認めるときは、損害賠償義務の全部又は一部を免除することができる。

(規則への委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

この条例は、平成19年10月1日から施行する。

(平成27年3月24日条例第22号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第9条関係)

区分

単位

使用料

備考

短時間託児

1人1時間につき

200円

1 1日最長4時間とする。

2 利用時間に1時間未満の端数があるときは、これを1時間とみなす。

日田市チャイルドプラザの設置及び管理に関する条例

平成19年9月27日 条例第39号

(平成27年4月1日施行)