○日田市検察審査員候補者予定者選定規程

平成20年12月2日

選管告示第48号

(趣旨)

第1条 検察審査員法(昭和23年法律第147号)第10条第1項の規定による検察審査員候補の予定者(以下「予定者」という。)の選定に関しては、この規程の定めるところによる。

(選定事務の処理)

第2条 予定者の選定に関する事務は、日田市選挙管理委員会(以下「委員会」という。)の委員長が処理する。

(予定者の選定方法)

第3条 予定者の選定に当たっては、最高裁判所が提供する検察審査員候補者予定者名簿調製用の「名簿調製プログラム」を用いて行う。

(選定録)

第4条 委員会の委員長は、選定の次第を記載した検察審査員候補者予定者選定録(別記様式。以下「選定録」という。)を作成し、これに署名する。

2 選定録は、委員会において1年間保存するものとする。

(端末機器等の管理)

第5条 プログラムは、日田市選挙管理委員会事務局内の電子計算機にて使用し、IDと暗証番号の入力により起動させるものとする。

2 予定者の選定後、電子計算機から磁気ディスクに電子データを保存した後、直ちに電子計算機から電子データを削除するものとする。

3 電子計算機を用いて作成した磁気ディスク及び帳票は、施錠可能な保管庫の中に保存期間中保存し、保存期間経過後は裁断するなど記録内容を復元できない状態にして廃棄しなければならない。

(その他)

第6条 この規程に定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、別に定める。

この告示は、公示の日から施行する。

画像

日田市検察審査員候補者予定者選定規程

平成20年12月2日 選挙管理委員会告示第48号

(平成20年12月2日施行)

体系情報
第2編 議会・選挙・監査/第2章 挙/ 検察審査員
沿革情報
平成20年12月2日 選挙管理委員会告示第48号