○日田市公共下水道汚水取付管設置工事取扱規程

平成29年4月1日

上下水道規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、日田市水道事業及び下水道事業会計規程(昭和43年水道規程第12号)第101条において準用する日田市小規模工事請負契約規則(昭和48年規則第18号)第2条の規定に基づき排水設備設置義務者が公共下水道の公共ますに排水設備を接続する場合、公道敷部分に市が設置する汚水取付管(以下「汚水管」という。)の工事の契約について必要な事項を定めるものとする。

(適用範囲)

第2条 この規程によって処理することができる工事は、汚水管の設置工事及びその附帯工事とする。

(工事請負資格の特例)

第3条 前条の規定による工事の請負資格は、日田市契約規則施行細則(昭和44年告示第45号)に定める資格認定の有無にかかわらず、日田市公共下水道条例(昭和55年条例第28号)に定める資格の指定を受けた者(以下「工事店」という。)とする。ただし、上下水道事業の管理者の権限を行う市長が特に認めた工事については、この限りでない。

(取扱要領)

第4条 下水道担当課は、排水設備設置義務者から排水設備の確認申請が提出されたものについて汚水管の工事が施工されていないことを確認し、施工範囲及び工法等を指示して当該排水設備を施工する工事店に発注するものとする。

2 工事店は、前項に規定する指示に基づき遅滞なく工事に着手し、短期間に工事を完了させなければならない。

3 工事店は、工事が完了したときは、当該工事の出来形により見積書及び内訳書(設計図及び工事写真を含む。)を下水道担当課へ提出しなければならない。

4 下水道担当課は、前項の書類が提出されたときは、標準歩掛り及び基準単価に基づき、市算定工事費を算出し、工事随意契約伺書に工事名、施工場所、施工工事店及び実際の施工期間等を記載して契約担当課に送付するものとする。

5 契約担当課は、前項の工事随意契約伺書を審査し、工事金の確定を行い、施工業者から請書を提出させるものとする。

6 前項に規定する契約の時期は、年4回とし、6月、9月、12月及び翌年3月の月末までにそれぞれ一括して契約を締結するものとする。

8 この規程で処理する工事について、着工届、工事工程表及び完了届は、省略するものとする。

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

日田市公共下水道汚水取付管設置工事取扱規程

平成29年4月1日 上下水道規程第5号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業等/第3章 下水道/ 公共下水道
沿革情報
平成29年4月1日 上下水道規程第5号