○伯耆町農村環境改善センター規則

平成17年1月1日

規則第88号

(趣旨)

第1条 この規則は、伯耆町農村環境改善センター条例(平成17年伯耆町条例第131号)第6条の規定に基づき、伯耆町農村環境改善センター(以下「改善センター」という。)の管理について必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 改善センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めたときは、臨時に開館し、又は閉館することができる。

(利用時間)

第3条 改善センターの利用時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 町長は、特に必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、利用時間を変更することができる。

(利用許可の申請)

第4条 改善センターを利用しようとする者は、様式第1号による伯耆町農村環境改善センター使用許可申請書(以下「申請書」という。)を町長に提出し、その許可を受けなければならない。

2 町長は、改善センターの利用を許可したときは、様式第2号による伯耆町農村環境改善センター利用許可書を交付するものとする。

(使用料の納入)

第5条 使用料は、申請書を添えて納付しなければならない。ただし、町長が必要と認めたときは、当該利用の終わった後に使用料を納付させることができる。

(利用取消しの届出)

第6条 改善センターの利用許可を受けた者が、利用取消しをしようとするときは、当該利用開始日の前日までに伯耆町農村環境改善センター利用取消し届(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 条例第5条第2項の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は、伯耆町農村環境改善センター使用料減免申請書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(使用料の返還)

第8条 既に納入された使用料は、返還しない。ただし、次の場合においては、その全部又は一部を返還することができるものとする。

(1) 非常災害その他利用者の責に帰することができない理由により、利用できなくなったとき。

(2) 利用開始前までに利用の取消しを届出したとき。

(3) その他町長が相当の理由があると認めたとき。

(利用上の遵守事項)

第9条 利用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けた目的以外に使用し、又は他人に利用させてはならない。

(2) 改善センター内において他人の迷惑になるような行動又は騒音を発するような行為をしないこと。

(3) 利用許可のない施設又は設備等は利用しないこと。

(4) 備品等を許可なく改善センターの外に持ち出さないこと。

(5) 施設又は設備等の保全及び火気に十分注意すること。

(6) 改善センター内に爆発物、可燃物、鉄砲及び刀剣類等の危険物を持ち込まないこと。

(7) 許可なくして物品を販売しないこと。

(8) 前各号のほか、町長が指示した事項

(利用の停止又は取消し)

第10条 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合又は管理上特別な必要を生じた場合には、町長は、利用の条件を新たに付し、又はこれを変更し、利用を停止し、若しくは利用の許可を取り消すことができる。

(1) 前条の規定に違反したとき。

(2) 利用の許可の条件に違反したとき。

(3) その他改善センターの管理上、支障がある行為をし、又はそのおそれがあるとき。

2 前項の場合において利用者に損害が生じても、町長は、その責を負わない。

(施設、設備等のき損又は滅失の届出等)

第11条 利用者が、当該施設、設備等を汚損し、き損し、又は滅失したときは、速やかにその旨を町長に届け出なければならない。

2 町長は、前項に規定する汚損、き損又は滅失に係る利用者に対し、損害賠償を命ずることができるものとする。

(利用後の処理)

第12条 利用者は、施設又は設備等の利用を終了したときは、当該利用した施設、設備等を清掃し、又は整理してその旨を町長に届け出なければならない。

(運営委員会の組織)

第13条 改善センター運営委員会(以下「委員会」という。)は、委員10人以内で組織する。

(委員の任期)

第14条 委員の任期は、2年とし再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の前任期間とする。

3 その職をもって委嘱された委員の任期は、この職の在職期間とする。

(会長)

第15条 委員会に会長、副会長1人を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、委員会の会議(以下「会議」という。)の議長となり会務を総括する。

3 副会長は、会長を助け、会長に事故あるとき又は欠けたときは、その職務を行う。

(会議)

第16条 会議は、会長がこれを招集する。

2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ、これを開くことができない。

3 会議の議事は、出席委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(その他)

第17条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の岸本町農村環境改善センター管理規則(平成2年岸本町規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成28年3月31日規則第11号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

伯耆町農村環境改善センター規則

平成17年1月1日 規則第88号

(平成28年4月1日施行)