○伯耆町農業集落排水施設条例施行規則

平成17年1月1日

規則第112号

(趣旨)

第1条 この規則は、伯耆町農業集落排水施設条例(平成17年伯耆町条例第155号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(排水設備を施設に固着させる基準)

第2条 排水設備を施設に固着させる箇所及び工事の方法は、次の各号に掲げる基準によらなければならない。ただし、特別な理由があるときは、町長の指示を受けなければならない。

(1) 汚水を排除するための排水設備は、汚水ますのインバート上流端の接続孔と下流端の管底高に食い違いの生じないようにし、ますの内壁に突き出さないようにさし入れ、その周囲は漏水を防止する処置を講ずること。

(2) 前号の規定によりがたい特別の理由があるときは、町長の指示によること。

(排水設備の設置に関する基準)

第3条 排水設備の設置は、次の各号に掲げる基準によらなければならない。ただし、土地の状況その他の理由により町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(1) 排水設備は、堅固で耐久力を有する構造とすること。

(2) 排水設備は、塩化ビニール、鋼管、コンクリート、陶器その他の耐水性の材料で造ること。

(3) 排水設備は、雨水が流入しない構造とすること。

(4) 排水管の勾配は、やむを得ない場合を除き、100分の2以上とすること。

(5) 排水管の内径は、100ミリメートル以上又は1つの建築物から排除される汚水の一部を排除すべき排水管で延長が3メートル以下のものの内径は、75ミリメートル以上とすること。

(6) 汚水を排除すべき管渠は、暗渠とすること。

(7) 排水管の土かぶりは、建築物の敷地内では20センチメートル以上とすること。

(8) 暗渠である構造の部分の次に掲げる箇所には、ます又はマンホールを設けること。

 汚水の流路の方向若しくは勾配が著しく変化する箇所又は二つ以上の排水管を接続する箇所

 ます又はマンホールから排水管の長さがその内径又は内のり幅の120倍を超えない範囲内において、排水管の清掃上適当な箇所

(9) ます又はマンホールには、密閉することができる蓋を設けること。

(10) ますの底には、接続する排水管の内径又は内のり幅に応じ相当の幅のインバートを設けること。

(排水設備の計画の確認申請)

第4条 条例第5条第1項の規定による排水設備の計画の確認を受けようとする者は、排水設備工事計画確認申請書((A))(様式第1号)を提出しなければならない。

2 前項の申請書には、別表に掲げる図書を添付しなければならない。

3 町長は、前項の申請があったときは、内容を審査し、基準に適合すると認めた場合は、申請者に排水設備計画確認書(様式第3号)を交付する。

(排水設備の軽微な変更)

第5条 条例第5条第2項ただし書に規定する軽微な変更とは、改築工事のうち排水管、ます又はマンホール以外の修繕工事とする。

(排水設備工事の検査)

第6条 条例第9条の規定により排水設備等の新設を行った者は、排水設備工事完了届((C))(様式第4号)を提出しなければならない。

2 条例第9条第2項の検査済証は、様式第5号による。

(使用開始等の届出)

第7条 条例第12条の規定による届出は、排水設備使用開始等届(様式第6号)によるものとする。

(使用料の徴収)

第8条 条例第14条に定める使用料の通知は、農業集落排水施設使用料納入通知書(様式第7号)によるものとする。

(使用料の算定)

第9条 条例第16条に規定する使用料の算定は、月の中途で施設の使用を開始又は再開したときの使用料は、当該開始又は再開の日の属する月の翌月分から算定するものとし、月の中途で休止又は廃止したときの使用料は、当該休止又は廃止の日の属する月分まで算定するものとする。

2 町長は、使用者から使用料を算定するために必要な資料の提出を求めることができる。

(排除汚水量の認定)

第10条 条例第17条第2項第3号の申告書は、排除汚水量申告書(様式第8号)により、毎年4月1日に認定する。ただし、町長がこれによりがたいと認めたときはこの限りではない。

(使用料の精算)

第11条 使用者が使用料を納付した後において、使用料を追徴し、又は還付しなければならない事由が生じたときは、翌月以降に徴収する使用料でこれを清算する。ただし、町長がこれによりがたいと認めたときはこの限りではない。

(使用料の減免)

第12条 条例第14条により使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(様式第9号)により申請しなければならない。

2 町長は、前項の申請があったときは、速やかに減免の適否を決定し、使用料減免決定通知書(様式第10号)により申請者に通知しなければならない。

(その他)

第13条 この規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の岸本町農業集落排水施設使用料条例施行規則(平成7年岸本町規則第11号)、岸本町農業集落排水施設設置及び管理に関する条例施行規則(平成7年岸本町規則第6号)又は溝口町農業集落排水施設の設置及び管理に関する条例施行規則(平成9年溝口町規則第7号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 平成16年度分までの使用料の徴収については、合併前の条例の例による。

附 則(平成19年4月1日規則第15号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第11号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

計画確認申請書(様式第1号)添付図書

図書の種類

明示する事項

設計書

排水設備工事台帳((B))(様式第2号)

位置図

方位、道路及び目標となる建物等

平面図

1 縮尺200分の1を原則とする。

2 建築物、道路及び施設宅内ますの位置

3 排水設備の位置、大きさ、延長及び区別

縦断図

1 横の縮尺は平面図に準じて、縦はその10倍とする。

2 管渠の内径、勾配、土被り、区間距離、追加距離及び汚水ますの大きさ

3 地盤高及び管底高

その他の資料

町長の指示するもの

同意書

隣接等利害関係がある場合

画像画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

伯耆町農業集落排水施設条例施行規則

平成17年1月1日 規則第112号

(平成28年4月1日施行)