○伯耆町法定外公共物管理条例施行規則

平成17年4月1日

規則第126号

(趣旨)

第1条 この規則は、伯耆町法定外公共物管理条例(平成17年伯耆町条例第185号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(許可申請等)

第2条 条例第4条第1項の規定による占用等の許可を受けようとする者は、法定外公共物占用等許可申請書(様式第1号)に、関係書類を添付して、町長に申請しなければならない。

2 条例第4条第1項の許可を受けた者(以下「占用等許可者」という。)は、当該許可の期間の満了後引き続き当該許可に係る占用等をしようとするときは、当該許可の期間が満了する日の30日前までに法定外公共物占用等更新許可申請書(様式第2号)に、関係書類を添付して、町長に提出しなければならない。

3 占用等許可者は、当該許可を受けた事項を変更しようとするときは、あらかじめ法定外公共物占用等変更許可申請書(様式第3号)に、関係書類を添付して、町長に提出しなければならない。

4 町長は、前3項の申請書の提出があったときは、速やかに審査をし、法定外公共物占用等許可決定(却下)通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(工事完了の届出等)

第3条 法定外公共物の占用等に係る工事を完了したときは、速やかに法定外公共物占用等工事完了届出書(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による届出があったときは、速やかに当該工事について検査をしなければならない。この場合において、町長は、法定外公共物占用者に対し、必要な指示をすることができる。

(住所等の変更の届出)

第4条 占用等許可者は、その住所又は氏名若しくは名称を変更したときは、速やかに住所等変更届出書(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

(地位の承継)

第5条 条例第10条に基づき地位を承継した者は、地位承継届出書(様式第7号)にその承継を証する書類を添えて町長に提出しなければならない。

(占用等の廃止の届出)

第6条 占用許可者は、その占用等を廃止しようとするときは、法定外公共物占用等廃止届出書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。

(原状回復)

第7条 条例第13条の規定により法定外公共物を原状に回復しようとするときは、その実施計画書を町長に提出し、その指示を受けなければならない。ただし、原状の回復が容易なものについては、この限りではない。

2 占用許可者は、当該法定外公共物を原状に回復したときは、速やかに法定外公共物原状回復届出書(様式第9号)を町長に提出しなければならない。

3 第3条第2項前段の規定は、前項の規定による届出があった場合について準用する。

(占用料の減免の申請)

第8条 条例第6条の規定に基づき占用料の減免を受けようとする者は、法定外公共物占用料減免申請書(様式第10号)を、町長に提出しなければならない。

(用途廃止の申請)

第9条 条例第15条の規定に基づき、当該法定外公共物の用途廃止を求める者は、法定外公共物用途廃止申請書(様式第11号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、申請書の提出があったときは、速やかに審査をし、法定外公共物用途廃止決定(却下)通知書(様式第12号)を申請者に通知するものとする。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第11号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月18日規則第9号)

この規則は、元号を改める政令(平成31年政令第143号)の施行の日から施行する。

画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

伯耆町法定外公共物管理条例施行規則

平成17年4月1日 規則第126号

(令和元年5月1日施行)