○伯耆町ふれあい交流ターミナル条例

平成17年3月25日

条例第171号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、農業の振興及び農畜産物等を通じて都市農村の交流と地域の活性化を推進するため、伯耆町ふれあい交流ターミナル(以下「ターミナル」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 ターミナルの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

伯耆町ふれあい交流ターミナル

伯耆町金屋谷1801番地

(指定管理者による管理運営)

第3条 町長は地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にふれあい交流ターミナルに係る次に掲げる業務を行わせることができる。

(1) ふれあい交流ターミナル施設の施設設備の維持管理に関する業務

(2) 地域農畜産物や地域特産物の直接販売

(3) 地域農畜産物を利用した料理の提供

(4) 都市と農村との交流及び地域農業文化の情報発信

(5) 地域農畜産物の加工品の開発、展示及び販売並びにそのための施設の提供

(6) その他第1条の目的を達成するために必要な業務

(7) 前6号に掲げるもののほか、ふれあい交流ターミナル施設の管理に関する業務のうち、町長のみの権限に属する事務を除く業務

(開館時間及び休館日等)

第4条 施設の開館時間及び休館日等は、指定管理者があらかじめ町長の承認を得て定める。

(利用の許可)

第5条 施設を利用しようとする者は、指定管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

2 指定管理者は、その利用が次の各号のいずれかに該当する場合を除き、前項の許可(以下「利用許可」という。)をしなければならない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設の施設設備をき損し、若しくは汚損し、又はそのおそれがあると認められるとき。

(3) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)の利益になると認められるとき。

(4) 前各号に掲げる場合のほか、施設の管理上支障があるものと認められるとき。

3 指定管理者は、施設の管理上必要があると認めるときは、利用許可に条件を付すことができる。

(行為の制限等)

第6条 施設においては、次の行為をしてはならない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがある行為をすること。

(2) 施設の施設設備をき損し、若しくは汚損し、又はそのおそれがある行為をすること。

(3) 他人に迷惑を及ぼし、又はそのおそれがある行為をすること。

(4) 暴力団の利益になると認められる行為をすること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、施設の管理上支障がある、又はそのおそれがある行為をすること。

2 指定管理者は、前項の規定に違反し、又はそのおそれのある者に対しては、施設への入館を拒み、又は施設からの退去を命ずることができる。

(措置命令)

第7条 指定管理者は、施設の適正な管理を図るため必要があると認めるときは、利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)に対し、必要な措置を命ずることができる。

(利用許可の取消し)

第8条 指定管理者は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用許可を取り消すことができる。

(1) この条例若しくはこの条例に基づく規則又はこれらの規定に基づく処分に違反したとき。

(2) 条例の命令に従わないとき。

(3) 利用許可を受けた利用目的以外の目的に利用し、又はそのおそれのあるとき。

(4) 利用許可の条件に違反したとき。

(5) 詐欺その他不正の行為により利用許可を受けたとき。

(6) 前各号に掲げるもののほか、施設の管理上支障がある行為をし、又はそのおそれのあるとき。

(利用料金)

第9条 施設の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)は、無料とする。ただし、目的外の利用等と指定管理者が認める場合には、町長の承認を得て別に定める利用料金を徴収することができる。

2 前項の規定により徴収する利用料金は、指定管理者が当該管理収入として収受する。この場合において指定管理者は、あらかじめ町長の承認を受けなければならない。

(利用料金の減免)

第10条 指定管理者は、あらかじめ町長の承認を得て定めた基準に従い、利用料金を減額し、又は免除しなければならない。

(指定管理者の指定の手続等)

第11条 指定管理者の指定の手続等については、伯耆町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年伯耆町条例第169号)の定めるところによる。

(委任)

第12条 この条例に定めるもののほか、施設の管理運営に関して必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年3月29日条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正前の伯耆町索道事業の設置等に関する条例、桝水フィールドステーション条例、ささふく水辺公園条例、伯耆町岸本保健福祉センター条例、伯耆町溝口福祉センター条例、伯耆町コミュニティプラザ条例、伯耆町別所川渓流植物園条例、伯耆町丸山ふれあいの森条例、伯耆町産地形成促進施設条例、伯耆町ふれあい交流ターミナル条例及び伯耆町共同堆肥センター条例の規定によってなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後の伯耆町索道事業の設置等に関する条例、桝水フィールドステーション条例、ささふく水辺公園条例、伯耆町岸本保健福祉センター条例、伯耆町溝口福祉センター条例、伯耆町コミュニティプラザ条例、伯耆町別所川渓流植物園条例、伯耆町丸山ふれあいの森条例、伯耆町産地形成促進施設条例、伯耆町ふれあい交流ターミナル条例及び伯耆町共同堆肥センター条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年9月22日条例第24号)

この条例は、平成23年10月1日から施行する。

伯耆町ふれあい交流ターミナル条例

平成17年3月25日 条例第171号

(平成23年10月1日施行)