○伯耆町型バス事業に関する条例

平成19年3月23日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、町民の交通の利便性を図り、地域交通の充実によって公共の福祉と地域社会の発展に資するため、合理的かつ能率的なバスの有償運送事業等を行うことについて、必要な事項を定める。

(定義)

第2条 この条例において伯耆町型バス事業(以下「バス事業」という。)とは、マイクロバス事業及び道路運送法(昭和26年法律第183号)第78条第2項により伯耆町が行う次の各号に掲げる有償運送事業をいう。

(1) スクールバス事業

(2) デマンドバス事業

(3) 外出支援サービス事業

(業務の委託)

第3条 町長は、管理上必要と認めるときは、指定する者にバス事業に関する業務の一部を委託することができる。

(運行路線及び運行区域等)

第4条 バス事業の運行路線及び運行区域は、別表第1のとおりとする。

2 前項の規定にかかわらず、町長が特に必要と認めるときは、運行路線及び運行区域を変更することができる。

3 バス事業の運行日は、12月29日から翌年1月3日を除く毎日とする。ただし、特別の理由が生じたときは、これを変更することができる。

4 運行路線における運行回数、運行時間及び停留所については、町長が別に定める。

(使用料)

第5条 町長は、バス事業を利用する者(以下「利用者」という。)から現金、又は別に定める乗車券により、使用料を徴収する。

2 前項に規定する使用料の額は、次に掲げる区分によるものとし、乗車券の種類及びその金額は町長が別に定める。

(1) 路線バスと競合する区域における使用料は、路線バス料金と同額とする。

(2) 路線バスと競合しない区域における使用料は、別表第2に定めるとおりとする。

(使用料の不還付)

第6条 町長は、既に徴収した使用料は返還しない。ただし、天災その他やむを得ない理由により運行を中断したとき、又は運行不能と認めたときは、この限りでない。

(使用料の減免)

第7条 町長は、特別の理由があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(利用者の責務)

第8条 利用者は、運行の安全確保と車内秩序の維持のため、運行従事者の指示に従わなければならない。

2 利用者は、その責任に帰すべき事由により運行車両等をき損し、又は滅失したときは、町長の指示に従いこれを現状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(町の責務)

第9条 バス運行に関し、利用者やその他の関係者に損害を与えた場合において、その責任が町にあると認められるときは、法令の定めるところにより、賠償の責任を負うものとする。

2 前項に規定する利用者に対する責任は、利用者がバスに乗車したときに始まり、降車をもって終わるものとする。

(車両の活用)

第10条 町長は、町有の車両をバス運行に支障のない範囲において、他の行政目的に使用させることができる。

(規則への委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年9月30日条例第32号)

(施行期日)

1 この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)

運行路線及び運行区域

事業区分

運行路線、区域

運行区間

スクールバス事業

岸本中学校区域(岸本中学校、岸本小学校、八郷小学校)

小林から岩屋谷の間

溝口中学校区域(溝口中学校、溝口小学校、二部小学校)

福岡から溝口の間

栃原から溝口の間

大内から溝口の間

添谷から溝口の間

デマンドバス事業

循環線「八郷・金岩・小野線」(金屋谷、小林、丸山、真野、役場前、岩屋谷経由)

溝口駅から溝口駅の間(周回コース)

二部線(中央病院前、三部、二部、福居経由)

溝口から福岡上の間

日光線(根雨原、大坂、富江、添谷、大内、大滝経由)

溝口駅から栃原の間

外出支援サービス事業

伯耆町内全域(町外の病院等を含む)

 

マイクロバス事業

伯耆町マイクロバス管理及び使用に関する規程(平成17年伯耆町訓令第20号)による

 

別表第2(第5条関係)

バス事業の使用料

事業区分

利用者の区分

使用料

スクールバス事業

未就学児、町内小中学生

無料

70歳以上の高齢者、障害者等、町外小学生

1回当たり100円

上記以外の者

1回当たり200円

デマンドバス事業

未就学児

無料

70歳以上の高齢者、障害者等、小学生

1回当たり100円

上記以外の者

1回当たり200円

外出支援サービス事業

生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護者

無料

上記以外の者

町内 片道1回当たり200円

町外 片道1回当たり

0~5km未満 200円

5~10km未満 400円

10~15km未満 600円

15~20km未満 800円

20~25km未満 1,000円

25~30km未満 1,200円

マイクロバス事業

 

無料

注意事項

1 障害者等とは、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項に規定する身体障害者手帳の交付を受けている者、療育手帳制度について(昭和48年厚生省発児第156号厚生事務次官通知)により定められた療育手帳制度要綱に規定する療育手帳の交付をうけている者、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項に規定する精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者をいう。

2 外出支援サービス事業の使用料のうち1回当たりの金額は往復又は片道に関係なく徴収する。

3 外出支援サービス事業の町外送迎の1回当たりの距離は片道で計算し、使用料金額は1回当たりで徴収するものとする。

伯耆町型バス事業に関する条例

平成19年3月23日 条例第1号

(平成28年4月1日施行)