○伯耆町有用地内における通勤用自動車の駐車に関する要綱

平成19年3月30日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この要綱は、町に勤務する職員の通勤用自動車を町有用地内に駐車させる取扱いに関し、伯耆町財務規則(平成17年伯耆町規則第43号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 町有用地 町が所有する用地(町が賃貸借している用地を含む。)をいう。

(2) 職員 町に勤務する常勤の職員(特別職非常勤職員及び会計年度任用職員を除く。)をいう。

(3) 通勤用自動車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第3条に規定する普通自動車、小型自動車及び軽自動車(二輪のものを除く。)であって、職員が通勤に使用しているものをいう。

(使用の申請)

第3条 通勤用自動車を町有用地に駐車しようとする職員は、規則の定めるところにより、町長に対し行政財産使用許可申請書を提出するものとする。

(使用の許可)

第4条 町長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を調査し、これを許可すべきものと認めるときは、駐車許可登録車両証(様式第1号)を交付するものとする。

(使用の中止)

第5条 使用者は、駐車場の使用を中止しようとするときは、あらかじめ町長に対して駐車場使用中止届(様式第2号)により駐車場の使用の中止を届けなければならない。

(使用許可の取消し等)

第6条 町長は、職員が次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、その使用を制限し、若しくは停止し、又は退去を命じることができる。

(1) この要綱に違反するとき、この要綱に基づく指示に従わないとき又は使用許可の際に付した条件を守らないとき。

(2) 町有用地の施設又は駐車中の他の自動車をき損するおそれがあるとき。

(3) 前2号に定めるもののほか、町有用地の管理上支障があるとき。

(使用料)

第7条 使用料は、1区画当たり月額500円とする。

2 使用日数が1月当たり15日以上ある場合は、1月分の使用料を納入しなければならない。

3 使用料は、町の発行する納入通知書により毎月指定する日までに納付しなければならない。ただし、職員が給料からの引去りを申出た場合は、この限りでない。

(遵守事項等)

第8条 第4条の規定により使用の許可を受けた職員が通勤用自動車を駐車するときは、次の各号を遵守しなければならない。

(1) 駐車許可登録車両証を車外から確認できるようにすること。

(2) 町有用地内は、歩行者及び駐車車両に注意し、徐行すること。

(3) その他町長の指示に従うこと。

(損害賠償)

第9条 町有用地内に駐車する通勤用自動車の滅損又は損害について、町はその責めを負わない。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年6月25日訓令第1号)

この要綱は、平成26年6月25日から施行し、平成23年8月1日から適用する。

附 則(令和2年3月6日訓令第2号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

伯耆町有用地内における通勤用自動車の駐車に関する要綱

平成19年3月30日 訓令第3号

(令和2年4月1日施行)