○伯耆町保育所延長保育実施規則

平成19年3月30日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、保育時間の延長が必要な保護者の就労継続を支援するため、保育所において行う延長保育の実施について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(2) 延長保育 伯耆町保育所規則(平成27年伯耆町規則第7号)第3条第1項に定める保育時間以外の時間に行う別表に定める保育をいう。

2 前項に定めるもののほか、この規則における用語の定義は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)で使用する用語の例による。

(対象児童)

第3条 延長保育を受けることができる児童は、法第19条第1項第2号又は第3号の教育・保育給付認定子どもであって、やむを得ない理由により、伯耆町保育の必用性の認定に関する規則(平成26年伯耆町規則第8号)第4条第1号又は第2号に規定する保育認定時間以外の時間において、町長が保育の必要を認めた者とする。

(延長保育の申請)

第4条 延長保育を利用しようとする児童の教育・保育給付認定保護者は、延長保育利用申請書(様式第1号)を、利用をしようとする日の概ね5日前までに、当該入所保育所長を通じて町長に提出するものとする。ただし、急を要するときは、口頭により申し込むことができるものとし、後日速やかに申請書を提出するものとする。

(延長保育の決定)

第5条 町長は、前条の申請があったときは、速やかに当該申請の内容を審査し、延長保育の可否を決定し、その旨を延長保育利用決定(却下)通知書(様式第2号)により、当該申請者に通知するものとする。

(延長保育の中止等)

第6条 延長保育の必要がなくなった児童の教育・保育給付認定保護者は、延長保育を中止又は停止しようとする日の概ね5日前までに延長保育中止(停止)(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、次の各号に該当するときは、当該対象児童の延長保育を中止又は停止することができる。

(1) 第3条の要件に該当しなくなったとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、町長が特別に認めるとき。

(保護者負担)

第7条 延長保育を利用した児童の教育・保育給付認定保護者は、児童1人につき、別表の区分ごとに定める延長保育料を支払うものとする。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、事業の実施に関して必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月30日規則第7号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日規則第6号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月30日規則第7号)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和元年9月27日規則第3号)

この規則は、令和元年10月1日から施行する。

別表(第2条、第7条関係)

区分

延長保育料(1回につき)

午後4時から午後6時30分まで

2時間30分

300円

午後6時30分から午後7時まで

30分

100円

(注) ただし、教育・保育給付認定保護者の属する階層区分が、伯耆町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する規則(平成27年伯耆町規則第8号)別表第2又は別表第3の第1階層に属する場合にあっては0円とし、第2階層に属する世帯である場合には、当該延長保育料を半額とする。

画像

画像

画像

伯耆町保育所延長保育実施規則

平成19年3月30日 規則第6号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成19年3月30日 規則第6号
平成22年3月30日 規則第7号
平成23年3月30日 規則第6号
平成27年3月30日 規則第7号
令和元年9月27日 規則第3号