○伯耆町本気で頑張る産業支援事業審査委員会要綱

平成20年4月1日

告示第37号

(趣旨)

第1条 この要綱は、伯耆町本気で頑張る産業支援事業補助金交付要綱(平成20年伯耆町要綱第36号。以下「交付要綱」という。)第6条第1項及び第8条第3項の規定に基づき、補助金交付に当り公正を期すとともに、補助対象者への指導及び助言を目的として伯耆町頑張る産業支援事業審査委員会(以下「審査委員会」という。)を置き、組織及び運営等について必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 審査委員会は、町長の諮問により交付要綱第3条第1項第1号に規定する補助事業の申請内容及び目標の達成を審査するとともに、必要に応じて指導及び助言を行い、これを答申する。

(委員の構成及び選任)

第3条 委員会の委員の構成は、次のとおりとし、町長が委嘱又は任命する。

(1) 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター理事長又は同理事長が推薦する者

(2) 公益財団法人鳥取県産業振興機構理事長又は同理事長が推薦する者

(3) 鳥取県西部総合事務所地域振興局長又は同局長が推薦する者

(4) 鳥取県西部総合事務所農林局西部農業改良普及所長又は同所長が推薦する者

(5) 鳥取県西部商工会産業支援センター長又は同センター長が推薦する者

(6) 株式会社山陰合同銀行岸本支店長又は同支店長が推薦する者

(委員の任期)

第4条 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第5条 審査委員会には、委員長及び副委員長を各1人置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選とする。

3 委員長は、会務を総理し、会議の議長となる。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 審査委員会は、必要に応じて委員長が招集し、委員の過半数以上の出席がなければ開くことはできない。

2 審査委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決し、委員の可否同数のときは議長の決するところによる。ただし、委員の関係する者が提出した申請に係る審査のための会議には、当該委員は参加することができないものとする。

(事務局の設置)

第7条 審査委員会の事務局を、産業課に置く。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成26年9月17日告示第67号)

この要綱は、平成26年9月17日から施行する。

附 則(令和2年4月1日告示第29号)

(施行期日)

1 この告示は、令和2年4月1日から施行する。

伯耆町本気で頑張る産業支援事業審査委員会要綱

平成20年4月1日 告示第37号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成20年4月1日 告示第37号
平成26年9月17日 告示第67号
令和2年4月1日 告示第29号