○伯耆町有害鳥獣駆除用実包購入費助成補助金交付要綱

平成27年1月30日

告示第10号

(総則)

第1条 伯耆町有害鳥獣駆除用実包購入費助成補助金(以下「補助金」という。)の交付については、伯耆町補助金等交付規則(平成17年伯耆町規則第44号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱に定めるところによる。

(補助対象者)

第2条 この補助金の交付の対象者は、町内の猟友会各支部に所属し、町との有害鳥獣捕獲業務委託契約に基づく有害鳥獣駆除班の班員として、町内において有害鳥獣駆除を実施する者(以下「補助対象者」という。)とする。

(補助対象経費)

第3条 この補助金の対象となる経費は、前条の補助対象者が、有害鳥獣駆除に使用する散弾銃又はライフル銃で使用する実包を購入した経費とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、次の表のとおりとする。ただし、一の補助対象者の同一年度内における2回目以降の交付申請に係る上限額は、実包の区分に応じ、それぞれ上限額の欄に掲げる額から当該年度内に既にした交付申請に係る補助金の額を減じた額とする。

実包の区分

補助金の額

上限額

散弾銃用

補助対象経費の全額

6,000円

ライフル銃用

8,000円

(補助金の交付申請に添付する書類)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、購入金額の分かる領収書等の書類を添付して、規則に基づき町長へ交付申請をしなければならない。

(補助金返還)

第6条 町長は、次のいずれかに該当するときは、補助金の全部又は一部の返還を請求することができる。

(1) 虚偽の申請によるとき。

(2) その他町長が適当でないと認めたとき。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年1月30日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成30年8月23日告示第62号)

この告示は、公示の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

伯耆町有害鳥獣駆除用実包購入費助成補助金交付要綱

平成27年1月30日 告示第10号

(平成30年8月23日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第5節
沿革情報
平成27年1月30日 告示第10号
平成30年8月23日 告示第62号