○伯耆町町民の森条例

平成27年3月30日

条例第1号

(設置)

第1条 伯耆町民等が自然に親しみ学ぶ場として、伯耆町町民の森(以下「町民の森」という。)を設置する。

(位置)

第2条 町民の森は、伯耆町上野752番地1に置く。

(管理)

第3条 町民の森は、常に良好な状態において管理しなければならない。

(行為の禁止)

第4条 町民の森においては、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、町長が特に必要と認めるときは、この限りではない。

(1) 町民の森を損傷し、又は汚損すること。

(2) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)の利益になると認められる行為をすること。

(3) その他公共の保安、衛生及び風紀上障害となる行為をすること。

(4) 火気の使用

(5) 営利目的の使用

(6) 前各号に掲げるもののほか、町民の森の管理上支障がある又はそのおそれがある行為をすること。

(利用の禁止又は制限)

第5条 町長は、町民の森の損壊その他の理由によりその利用が危険であると認められる場合又は町民の森に関する工事のためやむを得ないと認められる場合においては、町民の森を保全し、又はその利用者の危険を防止するため、利用を禁止し、又は制限することができる。

(損害賠償)

第6条 故意又は過失により、町民の森に損害を与えた者は、町長の指示するところにより、これを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(休園)

第7条 町長が特に必要があると認めるときは、町民の森を休園することができる。

(指定管理者による管理)

第8条 町長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき、法人その他の団体であって、町長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に、町民の森に係る次に掲げる業務を行わせることができる。

(1) 町民の森の維持管理に関する業務

(2) 前号に掲げるもののほか、町民の森の管理に関する業務のうち、町長のみの権限に属する事務を除く業務

2 指定管理者は、この条例及びこの条例に基づく規則の規定に従い、施設等の管理を行わなければならない。

(利用料金)

第9条 町民の森の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)は、これを徴しない。ただし、町長が別に定めるところにより、利用料金を徴する必要があると認めたときは、指定管理者にその収入として収受させる。

2 利用料金は、指定管理者があらかじめ町長の承認を得て定める。

3 町長は、前項の規定により利用料金を承認したときは、速やかに当該利用料金を告示するものとする。

(利用料金の減免)

第10条 指定管理者は、あらかじめ町長の承認を得て定めた基準に従い、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(指定管理者の指定の手続等)

第11条 指定管理者の指定の手続等については、伯耆町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年伯耆町条例第169号)の定めるところによる。

(委任)

第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

伯耆町町民の森条例

平成27年3月30日 条例第1号

(平成27年4月1日施行)