○伯耆町健康ポイント制度実施要綱

平成30年3月28日

告示第25号

(目的)

第1条 この告示は、町民の健康づくりへの動機付け及び健診受診率の向上を目指して、町が実施する健康ポイント制度(以下「本制度」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(事業の概要)

第2条 町が指定する健康づくり関係事業(健診含む。)に参加した者に対してポイントを付与し、ポイントが一定数に達したとき、町内施設等で使用できる利用券を交付する。

(対象者)

第3条 本制度の対象者は、伯耆町在住の20歳以上の個人とし、他者とポイントを共有することはできない。

(本制度への参加及び対象事業)

第4条 本制度に参加する者は、健康対策課又は対象事業開催会場(以下「会場」という。)においてポイントカード発行を受け記名の上、ポイント対象事業参加毎にポイントの押印を受ける。

2 ポイント対象事業及び付与ポイント数は、町長が別に定める。

(ポイント及びポイントカード)

第5条 町長は、ポイント対象事業に参加した者に対し、会場においてポイントカードに押印し、ポイントを付与する。

2 医療機関での特定健診、がん検診、人間ドック受診等、事業参加時に会場でポイントを付与できない場合は、領収書、受診結果等により事業参加を証明できる場合のみポイントを付与する。

3 紛失又は破損によりポイントカードを再交付する場合は、それまでのポイントは無効とする。ただし、健診受診結果等により事業参加が証明できるものについては、本人の請求によりポイント再付与する。

(ポイントと利用券との交換)

第6条 ポイントが10点に達した者は、町長にポイントカードを提出し、500円相当の利用券の交付を受けるものとする。

(表彰)

第7条 町長は、1年間に100ポイント以上を達成した者を表彰する。

(利用券取扱事業者)

第8条 利用券取扱事業者の登録を受けようとする者は、伯耆町健康ポイント制度利用券取扱事業者申込書(別記様式)に必要事項を記名押印の上、町長に提出するものとする。

(金券の支払い)

第9条 利用券取扱事業者は、使用された利用券を月末締めで集計し、翌月10日までに請求書に金券を添付の上、町長に請求するものとする。

2 町長は、10日までに請求のあったものについて、30日以内に指定口座に振り込みを行うものとする。

(個人情報の取扱い)

第10条 利用券取扱事業者は、本制度により得た個人情報を本制度以外に利用してはならない。

(不正に対する処分)

第11条 この告示に違反する不正、虚偽申告を行った団体及び個人等は、その不正等により得た債権及び現金について、その全額を町に返還しなければならない。

2 町長は、特に悪質と判断される場合に、その名称及び個人名等を公表することができる。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、本制度について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公示の日から施行する。

画像

伯耆町健康ポイント制度実施要綱

平成30年3月28日 告示第25号

(平成30年3月28日施行)