○伯耆町立中学校部活動指導員取扱規程

平成30年3月20日

教育委員会訓令第2号

(趣旨)

第1条 伯耆町立小中学校設置条例(平成17年伯耆町条例第89号)第2条に定める伯耆町立中学校(以下「中学校」という。)の部活動における生徒の競技力向上と教員の負担感軽減を図るため、中学校部活動指導員(以下「部活動指導員」という。)の取扱いについて、必要な事項を定める。

(配置方法)

第2条 部活動指導員を配置する部活動には、当該学校の教員を顧問として配置し、部活動指導員は、顧問教員に次ぐ顧問として配置する。

(任命)

第3条 部活動指導員は、次の要件を全て満たす者の中から、校長が選考し、教育委員会が任命する。

(1) 教育現場にふさわしい人格及び意識を有する者

(2) 部活動指導等の経験を有し、競技等における専門的指導のできる者

(3) 20歳以上の者

(勤務形態)

第4条 部活動指導員の勤務形態は、次のとおりとする。

(1) 週6時間以内とし、1日の勤務時間は、校長が別に定める。

(2) 校長は、必要と認める場合には、勤務の割振りを変更することができる。

(3) 必要に応じて週休日の勤務も行う。

(職務)

第5条 部活動指導員は、校長の指揮監督の下に、次の職務を行う。

(1) 部活動の指導及び大会等の引率

(2) 鳥取県教育委員会が主催するスポーツ指導者研修会等の受講

(留意事項)

第6条 部活動指導員は、部活動が教育活動の一環であることに鑑み、次のことに留意して職務を行うこととする。

(1) 中学校の部活動指導方針及び指導計画を理解し、顧問教員との協議の上で練習計画を作成し、練習を行うこと。

(2) 大会引率に関しては、顧問教員との協議の上で、事前に校長の了解を得てから行うこと。

(3) その他校長が別に定める事項

(賃金の額)

第7条 部活動指導員の賃金は、予算の範囲内で別に定める額を支給する。

(その他)

第8条 この訓令に定めるもののほか、部活動指導員の取扱いに関し必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

伯耆町立中学校部活動指導員取扱規程

平成30年3月20日 教育委員会訓令第2号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成30年3月20日 教育委員会訓令第2号