○伯耆町地域猫活動モデル(繁殖制限措置)補助金交付要綱

令和元年5月29日

告示第5号

(目的)

第1条 この告示は、地域猫活動団体に対し、地域猫の不妊去勢手術に係る費用の一部として伯耆町地域猫活動モデル(繁殖制限措置)補助金(以下「補助金」という。)を交付することにより、所有者のいない猫の増加を抑え、地域の生活環境の保全を図るとともに、人と猫が共存できる社会を目指すことを目的とする。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 所有者のいない猫 動物の所有者又は占有者(動物の飼育又は保管をする者)のいない猫をいう。

(2) 地域住民集団 集落又は地域住民を含めた2人以上の任意の集団をいう。

(3) 地域猫 地域住民集団がその地域に住みついた所有者がいない猫を、地域住民の理解を得た上で、不妊去勢手術を実施しその地域で決めたルールにより管理する猫をいう。

(4) 地域猫活動団体 地域猫活動を行う団体をいう。

(5) 不妊去勢手術 雌猫の卵巣若しくは卵巣及び子宮の摘出手術又は雄猫の精巣の摘出手術をいう。

(団体登録の申請)

第3条 補助金の交付対象となる地域猫活動団体は、次に掲げる要件の全てを満たす団体とし、事前に登録を受けなければならない。

(1) 別世帯に属する2人以上で構成されていること。

(2) 町内で地域猫活動を行うこと。

(3) 地域猫活動について、住民の理解を得ており、かつ、当該地域猫活動について、継続的に地域の理解を得られるような周知活動を行っていること。

2 前項の登録を受けようとする地域猫活動団体は、地域猫活動団体登録申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出するものとする。

(1) 地域猫活動団体構成員名簿

(2) 管理する地域猫の一覧表

(3) 管理する地域猫の写真

(4) 活動場所の地図

(5) 活動場所付近の見取図

(6) 活動場所の土地所有者の同意書

(7) 活動場所が所在する集落の同意書

3 登録を受けようとする団体が伯耆町区長協議会に所属する集落である場合にあっては、前項第1号及び第7号の書類の添付を省略することができる。

(団体登録)

第4条 町長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、地域猫活動団体登録承認・不承認通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

(団体登録事項の変更)

第5条 前条の規定による登録を受けた地域猫活動団体(以下「登録団体」という。)は、次に掲げる事項に変更があったときは、地域猫活動団体登録事項変更届(様式第3号)に変更内容を証する書類を添えて、町長に届け出なければならない。

(1) 地域猫活動団体の名称、代表者又は代表者の住所

(2) 活動場所

(3) 地域猫活動団体構成員

(4) 管理している地域猫

(5) 活動場所の土地所有者

2 登録団体は、前項第1号第2号又は第5号に掲げる事項に変更があったときは、活動場所が所在する集落(以下「所管区」という。)の区長へ登録事項の変更を報告しなければならない。

(団体登録の廃止)

第6条 登録団体が地域猫活動を終了しようとするときは、地域猫活動団体登録廃止届(様式第4号)により町長に届け出なければならない。

(団体登録の取消し)

第7条 町長は、登録団体が次のいずれかに該当したときは、当該登録を取り消し、地域猫活動団体登録取消通知書(様式第5号)により、登録団体に通知するものとする。

(1) 登録事項の内容が実態と著しく異なるものであったとき。

(2) その他町長が不適当と認めたとき。

(補助金の額等)

第8条 補助金の額は、不妊去勢手術(次条の目印をつける処置を含む。)に要した費用の額の10分の10以内とし、1匹につき27,000円を限度額とする。

2 補助金の交付対象となる猫は、管理する地域猫の一覧表に記載のあるものに限る。

3 第1項に掲げる経費については、第11条の規定による交付決定のあった日以後に登録団体が支出したものを補助の対象とする。

4 補助金は、予算の範囲内においてこれを支出する。

(不妊去勢手術済の目印)

第9条 地域猫の耳には、不妊去勢手術済であることが外形的に判別できる目印をつけるものとする。

2 前項の目印の方法は、雄猫にあっては右耳の先端を、雌猫にあっては左耳の先端をV字型に切除するものとする。

(補助金の交付申請)

第10条 補助金の交付を申請しようとする登録団体は、地域猫活動団体補助金交付申請書(様式第6号)を当該年度の1月31日までに町長に提出しなければならない。

(交付決定)

第11条 町長は、前条の規定による申請があったときは、申請内容を審査し、適当であると認めるときは、地域猫活動団体補助金交付決定通知書(様式第7号)により、当該申請のあった登録団体に補助金の交付を通知するものとする。

(完了届)

第12条 補助事業が完了したときは、地域猫活動団体補助金完了届(様式第8号)に次に掲げる書類を添えて提出するものとする。

(1) 領収書

(2) 不妊去勢手術を行った地域猫の手術前及び手術後の写真

(交付請求)

第13条 補助金の交付決定を受けた登録団体が補助金の交付を受けようとするときは、地域猫活動団体補助金交付請求書(様式第9号)により、町長に請求しなければならない。

(補助金の返還)

第14条 町長は、交付決定を受けた登録団体が虚偽の申請その他不正の手段により、補助金の交付を受けたことが明らかになったときは、補助金の交付決定を取消し、既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(活動報告)

第15条 登録団体は、活動場所における地域猫活動状況について、補助を申請した年度の次年度から3年間、当該年度分の報告を毎年3月1日から3月31日までの間に、地域猫活動報告書(様式第10号)により、町長及び所管区長に報告するものとする。ただし、登録団体が集落である場合は、所管区長への報告を省略するものとする。

(免責)

第16条 交付決定を受けた者が被った損害及び第三者に対して与えた損害については、町は、その賠償の責めを負わないものとする。

(その他)

第17条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、公示の日から施行する。

画像画像画像画像画像画像画像

画像

画像画像

画像

画像

画像画像

画像

画像画像

画像

画像画像

伯耆町地域猫活動モデル(繁殖制限措置)補助金交付要綱

令和元年5月29日 告示第5号

(令和元年5月29日施行)