○一宮町職員の退職勧奨に関する要綱

昭和61年12月1日

要綱第2号

(目的)

第1条 この要綱は、高年齢職員等の退職を勧奨するに当たって、合理的な運用と後進の育成及び計画的人事管理の適正化を図ることを目的とする。

(対象職員)

第2条 退職勧奨の対象職員は、一宮町職員定数条例(昭和28年条例第5号)第1条に規定する職員(教育長及び嘱託を除く。以下同じ。)で年齢55歳以上で勤続20年以上の者とし、かつ任命権者が必要と認めた者とする。

(退職勧奨の方法)

第3条 退職の勧奨を実施する時期は、前条に規定する者で、自発的に申し出があった場合のほか、勧奨退職予定日の10箇月前までに任命権者が発する文書(別記第1号様式)により行う。ただし、任命権者が特に必要と認めた場合は、その都度行うことができる。

(退職の意思表示)

第4条 退職の勧奨を受けた職員は、勧奨を受けた日から1箇月以内に退職について意思表示を文書(別記第2号様式の1又は2)をもって任命権者に届けなければならない。ただし、特に町長が必要と認めた場合には退職についての意思表示を変更することができる。

(退職の日)

第5条 退職勧奨を受けた職員が退職する場合の退職の日は、3月31日とする。

2 前項に規定する退職の日の前日までに退職する必要がある場合は、その実情を考慮して同項の規定にかかわらず退職させることができる。

(優遇措置)

第6条 この要綱に基づき退職する職員は、千葉県市町村職員退職手当条例(昭和30年千葉県市町村総合事務組合条例第1号)に定める勧奨退職の場合の退職手当を受けることができる。

(記録の保存)

第7条 総務課長は、退職勧奨に関する記録(別記第3号様式)を作成し、5年間保存するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、昭和61年12月1日から施行し、昭和64年4月1日から適用する。

(廃止)

2 一宮町職員の退職勧奨に関する基準は、昭和64年3月31日をもって廃止する。

附 則(平成2年3月9日要綱第1号)

この要綱は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成3年4月1日要綱第5号)

(施行期日)

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成4年4月1日要綱第7号)

この要綱は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成13年4月1日要綱第5号)

1 この要綱は、平成13年4月1日から施行する。

2 この要綱中「任命権者」とあるのは、当分の間「町長」に読み替えるものとする。

附 則(平成21年3月4日告示第14号)

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

一宮町職員の退職勧奨に関する要綱

昭和61年12月1日 要綱第2号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
昭和61年12月1日 要綱第2号
平成2年3月9日 要綱第1号
平成3年4月1日 要綱第5号
平成4年4月1日 要綱第7号
平成13年4月1日 要綱第5号
平成21年3月4日 告示第14号