○一宮町健康診査に係る費用の徴収に関する規則

平成15年4月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、健康増進法(平成14年法律第103号。以下「法」という。)第19条の2の規定に基づき町が行う医療等以外の保健事業として行う健康診査、がん検診並びに町が独自に行う検診(以下「健康診査等」という。)に要する費用の徴収について、必要な事項を定めるものとする。

(健康診査等の種類、徴収金の額及び徴収金を徴収する受診者の範囲)

第2条 前条に規定する健康診査等の種類、健康診査等を受診する者(以下「受診者」という。)から徴収する費用(以下「徴収金」という。)及び徴収金を徴収する受診者の範囲は、別表に掲げるとおりとする。

2 前項に規定する徴収金を徴収する受診者の範囲に係る年齢は、各会計年度の4月1日における受診者の年齢とする。ただし、肺がん検診及び30歳代の健康診査の費用徴収の最終年齢については、受診日の属する年度の3月31日における年齢とする。

(徴収金の徴収)

第3条 徴収金は、受診者が健康診査等を受ける際徴収する。

(徴収金の免除)

第4条 町長は、法第4条の規定により行う訪問健康診査を受ける者は、徴収金を免除する。

2 町長は、受診者が生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯に属する者及び特別の事情があると認めた者は、徴収金を免除することができる。

(徴収金の還付)

第5条 既納の徴収金は、還付しない。ただし、町長が正当な理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほかこの規則の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月29日規則第2号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成20年7月9日規則第7号)

この規則は、公布の日から施行し、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成29年3月29日規則第7号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別表(第2条)

徴収金を徴収する受診者の範囲

健康診査の種類

徴収金の額

徴収金を徴収する受診者の範囲

胃がん検診

500円

40歳以上の男性・女性

大腸がん検診

500円

40歳以上の男性・女性

肺がん検診

500円

40歳から64歳までの男性・女性

前立腺がん検診

500円

50歳以上の男性

子宮がん検診

500円

20歳以上の女性

乳がん検診

500円

30歳以上の女性

骨粗しょう症検診

500円

20歳25歳30歳35歳40歳45歳50歳55歳60歳65歳及び70歳の女性

30歳代の健康診査

1,000円

30歳から39歳までの男性・女性

一宮町健康診査に係る費用の徴収に関する規則

平成15年4月1日 規則第11号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章
沿革情報
平成15年4月1日 規則第11号
平成17年3月29日 規則第2号
平成20年7月9日 規則第7号
平成29年3月29日 規則第7号