○住民基本台帳法第11条の2第1項第3号の規定に関する規則

平成18年10月30日

規則第21号

第1条 住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第11条の2の規定に基づく個人又は法人の申出による住民基本台帳の一部の写しの閲覧に関し、必要な事項を定めるものとする。

第2条 法第11条の2第1項第3号に規定するその他特別の事情とは次の場合とする。

(1) 民生委員が委嘱事務の遂行に必要な居住関係の確認を要する場合。

(2) 自己の所有地又は所有建物に、第三者が住所を設定していないか確認するための特段の事情がある場合。

(3) 間違った郵便物等が配達される等の事情があり、自己の住所に勝手に住所を置いているものがいないかを確認する場合。

(4) マンションの管理組合が管理業務を行うため、当該マンションの居住者の確認をする必要がある場合。

(5) その他町長が必要と認めた場合。

この規則は、平成18年11月1日から施行する。

(平成19年9月28日規則第23号)

(施行期日)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

住民基本台帳法第11条の2第1項第3号の規定に関する規則

平成18年10月30日 規則第21号

(平成19年10月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節
沿革情報
平成18年10月30日 規則第21号
平成19年9月28日 規則第23号