○一宮町インフルエンザ定期予防接種実施要領

平成21年10月1日

告示第65号

(目的)

第1条 この要領は、かかりつけの医師がインフルエンザ予防接種をすることにより、被接種者のアレルギーや特異体質による不測の事故の防止に努め、個人の発病又はその重症化を防止し、併せてこれによりそのまん延の予防に資することを目的とする。

(実施方法)

第2条 住民への通知は、広報及び個人通知(お知らせ文・説明書・予診票・実施医療機関名簿)により周知する。

2 接種希望者は、説明書を読み理解した上で希望する実施医療機関に予約をする。

3 接種希望者は、予診票に記入後に説明書・予診票・自己負担金(生活保護世帯を除く。)を予約した実施医療機関に持参する。

4 実施医療機関は、予約を受けた接種希望者に対し、体温を計り問診・聴打診等により診察を行う。

5 実施医療機関は、接種可能者に対し、本人の意思確認ののちに接種し、予診票・実施済証に実施記録を記入し自己負担金(生活保護世帯を除く。)を徴収する。

6 接種済者は、接種終了後実施医療機関にて記入した実施済証を保管する。

7 接種済者は、実施医療機関に予診票を提出する。

8 接種後の予診票は、実施医療機関が請求時に添付書類として町へ提出し、町が5年間保管する。

(接種対象者)

第3条 原則として町内に住所を有する65歳以上の者及び60歳以上65歳未満の者であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者とする。

ただし、インフルエンザ感染者は除く。

(実施医療機関)

第4条 町と委託契約を締結した社団法人茂原市長生郡医師会が推薦する医師が属する医療機関及び千葉県内定期予防接種相互乗り入れ事業に賛同する医師が属する医療機関とする。

(委託料及び自己負担金)

第5条 予防接種に要する費用に対して、町が実施医療機関に支払う委託料は1人あたり3,000円以内とする。ただし、予防接種に実際に要した費用が3,000円に満たないときは、当該満たない額とする。

2 接種済者は、予防接種に要した費用から前項に規定する委託料を差し引いた額を自己負担金として、当該実施医療機関に支払わなければならない。

3 前項の規定にかかわらず、生活保護世帯にあっては、予防接種に要する費用の全額を町が負担する。

4 助成は、実施期間中に1回とする。

5 次のいずれかに該当した時は、実施医療機関への助成は行わないものとする。

(1) 接種希望者が接種不適当と判断されたとき。

(2) 接種済者が予診票の提出を拒んだとき。

(3) 前号に定めるほか、町長が特別の理由があると認めたとき。

(実施期間)

第6条 インフルエンザの流行時期を考慮し町長が定めた期間並びに保健所長の指示を受けた期日又は期間とする。

(ワクチンの種類)

第7条 インフルエンザHAワクチン(4価ワクチン)

(接種方法)

第8条 インフルエンザHAワクチン0.5mlを1回皮下に注射する。

(使用接種液)

第9条 接種液の使用前には、必ず、国家検定に合格したことを示す検定証紙の有無、標示された接種液の種類及び有効期限を確認し、混濁、着色、異物の混入その他の異常がないかどうかを点検すること。

2 接種液の貯蔵は、それぞれの生物学的製剤基準の定めるところによらなければならないが、その方法としては、必ず所定の温度が保たれていることを温度計によって確認できる冷蔵庫等を使用すること。

(接種時の注意)

第10条 接種時の注意、接種要注意事項、副反応等について、実施医療機関は接種希望者に十分説明すること。

2 予防接種実施医療機関及び予防接種実施施設には、予防接種直後のショック症状等の発生に対応するために必要な薬品及び器具等を備えておくこと。

3 予防接種を行うに当たっては、次の事項を厳守すること。

(1) 接種を行う者は、予防接種医に限ること。

(2) 予防接種に従事する者は、手指を消毒すること。

(3) 接種液は、保存に留意するとともに、使用に当たっては均質にして使用すること。

(4) 接種液が入っている容器を開口するときは、開口部分を事前にアルコールで消毒すること。

(5) 予防接種は、原則として上腕伸側に行い、接種部位はアルコール等で消毒すること。

(6) 皮下注射を行うときは、注射針の先端が血管内に入っていないことを確かめること。

(7) 同一接種部位に反復して接種することはできるだけ避けること。

(8) 接種用器具は乾熱、高圧蒸気、煮沸、エチレンオキサイドガス又はコバルト60から放出されるガンマ線によって滅菌されていなければならないこと。

(9) 接種用具等の消毒薬は、十分な濃度のものを使用すること。

(10) 注射針及び筒は、被接種者ごとに取り替えなければならないこと。

4 予防接種を受けた者に対して次の事項を知らせること。

(1) 接種後には、接種部位を清潔に保ち、接種当日は過激な運動や飲酒を避けるよう注意すること。

(2) 接種後、局所の異常反応や体調の変化を訴える場合には、速やかに医師の診察を受けること。

(3) 医師の診察を受けた場合には、被接種者は速やかに当該予防接種を行った町、保健所、医師会に通報すること。

5 他の予防接種との関係

(1) インフルエンザ予防接種前に、生ワクチンの接種を受けた者については接種後27日以上、不活化ワクチン又はトキソイドの接種を受けた者については接種後6日以上の間隔をおいてインフルエンザ予防接種を行うことを原則とする。また、インフルエンザ予防接種後、他の予防接種を行うときは接種後6日以上の間隔をあけることを原則とする。

(2) インフルエンザ予防接種を含む二種類以上の予防接種を同時に同一対象者に行う同時接種は、医師が必要と認めた場合に限り行うことができる。

(接種要注意事項)

第11条 接種を行うに際し、対象者の接種を受ける希望の有無を確認すること。

2 対象者の意思確認が困難な場合は、家族又はかかりつけ医の協力により対象者本人の意思確認をすることとし、接種希望であることが確認できた場合に接種を行うこととし、意思確認が最終的にできない場合は接種しないこと。

3 接種の判断を行うに際し注意を要する者については、接種希望者の健康状態及び体質を勘案し、注意して接種することが必要であり、接種する場合には、十分にインフォームド・コンセントを行うこととし、取れない場合は、接種をしてはならないこと。

なお、接種の判断を行うに際し、注意を要する者は次のとおりであること。

(1) 発熱している者又は著しい栄養障害の者。

(2) 心臓血管系疾患、じん臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等の基礎疾患を有することが明らかな者。

(3) 前回の予防接種で2日以内に発熱のみられた者又は全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を呈したことがある者。

(4) 過去にけいれんの既往のある者。

(5) 過去に免疫不全の診断がなされている者。

(6) 気管支喘息のある患者。

(7) インフルエンザワクチンの成分又は鶏卵、鶏肉、その他鶏由来の物に対して、アレルギーを呈するおそれのある者。

4 予診の結果異常が認められ、接種を受けることが不適当な者に対しては、当日は接種を行わず、必要がある場合は精密検査を受けるよう指示すること。

5 意思確認を含む予診の結果、接種を行わないこととした者に対しては、接種を受けなかったことによりインフルエンザに罹患若しくは罹患したことによる重症化又は死亡が発生した場合は町及び町から委託を受けている接種医にはその責任がない旨を説明しておくこと。

(副反応)

第12条 重大な副反応

ショック、アナフィラキシー様症状:まれにショック、アナフィラキシー様症状(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあり、そのほとんどは接種後30分以内に生じる。

その他、ギランバレー症候群、けいれん、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、肝機能障害、黄疸、喘息発作があらわれる等の報告がある。

2 その他の副反応

過敏症:まれに接種直後から数日中に、発疹、蕁麻疹、紅斑、掻痒等があらわれることがある。

全身症状:発熱、悪寒、頭痛、倦怠感等を認めることがあるが、通常、2~3日中に消失する。

局所症状:発赤、腫脹、疼痛等を認めることがあるが、通常、2~3日中に消失する。

(事務的処理事項)

第13条 実施医療機関は、接種済者の予診票及び請求書を町へ提出する。

2 町は、提出された予診票及び請求書に基づき、委託料を各実施医療機関の銀行口座へ振り込むこととする。

3 原則として、次の日が休日及び祝日の時は接種しないものとする。

(その他)

第14条 一宮町インフルエンザ定期予防接種実施要領以外のインフルエンザ予防接種は、いわゆる任意接種であり各医療機関の自主的判断による。

なお、この場合は原則として、「インフルエンザ定期予防接種業務」に関する契約書の適用はない。

2 長生郡市以外に住所を有する者で一宮町内の施設等に入所・入院・通院していてその施設等において接種を希望し、長生郡市以外の市町村が一宮町にその希望者を一宮町の実施する予防接種として依頼し、一宮町が承諾したときは、この要領に従い実施し、一宮町が承諾しないときは、長生郡市以外の市町村が医師宛に直接の依頼書により実施するが、この場合においてはこの要領の適用はない。

3 接種対象者で、一宮町の住民が長生郡市以外の施設等に入所・入院・通院していて、その施設等において接種を希望する場合は、その施設等の所在市町村が実施する予防接種として一宮町が所在市町村に依頼をし、その依頼を承諾できない旨の申し出があったときは、その施設等の医師あての依頼書により予防接種を実施し、その予防接種は、一宮町が実施した予防接種とみなす。

この場合において、長生郡市以外の施設等の医師は一宮町インフルエンザ定期予防接種実施要領に従い実施し、予防接種に要した費用についても、原則としてこの要領以内の委託料を請求できるものとする。

附 則

この告示は、平成21年10月1日から施行する。

附 則(平成22年10月1日告示第59号)

この告示は、平成22年10月1日から施行する。

附 則(平成28年9月23日告示第49号)

この告示は、平成28年10月1日から施行する。

一宮町インフルエンザ定期予防接種実施要領

平成21年10月1日 告示第65号

(平成28年10月1日施行)